iGirl

主な登場人物:ルイ(5歳,男)・サキ(3歳,女)・ユリ(1歳,女)・夫(33歳,男)

book

「すごい」を多用せずに子どもを褒める方法

ママも子どももハッピー!上手な叱り方 ほめ方 という本を読みました。 ママがつい言っちゃうけどよくない言葉ってたくさんあると思いますが、それを「言わないようにしましょう」じゃなくて「なぜ言ってしまうのか」ということに焦点があたっていて、その視…

ひとが否定されないルール

図書館が近くなり、先日行ってきた。なんとなく見つけたこの本。あとで知ったけどNHKで特集されたりと有名な方らしい、脳障害と共に生きる日木流奈さん。本の内容がとても良くて。いろんな育児書を読むけど、どれも大人が書いた、大人目線であることは否めな…

Garrさんの本がamazonの「ビジネス企画」書で2位になっている件

2年前、毎月心斎橋アップルストアで開催されていたプレゼン・スピーチのセミナーに夫と一緒に行っていました。それが Garr さんという方が主催していたもので、いろんな方がスピーチを英語でされていました。 presentation zen - iGirl そこでGarrさんに直接…

どんな暗闇でも、僕はキミを見つけることができるんだ

タイトルを見て、「ロマンティック(*╹◡╹*ლ)」と思った人と、「そんなん無理やろ」と思った人に分かれるかと思います。だからどうってことはないんですけどね。今朝、Twitterでこの顔文字「ლ(╹◡╹ლ)」を知って多用したい年頃です。 【今日の写真】 オフィス近…

やっぱり彼女が好きなんだ

ベッキーの心のとびら ベッキーの心のとびら作者: ベッキー出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2009/02/28メディア: 単行本購入: 10人 クリック: 149回この商品を含むブログ (32件) を見るいいよベッキーいいよかわいいよきれいだよ顔もカラダも心も全て! また…

「お父さんとヤッてんねン」

殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件 (新潮文庫) 読んだ。 激しく暗い気持ちになった。でも私は殺人犯の生い立ちや環境を知ることに興味を持っている自分を知っている。ヒトの心、脳、環境が作り出す犯罪。 それを少しでも知るということは…

芸術を楽しむために聖書を理解する

うちの近くのマクドにて。トイレの鏡、ぜったい細く見えるマジックミラーだよ!「もっとハンバーガー食べても大丈夫じゃん♪」と思わせるマジックだと思う。(「そんなに細くうつってないよ」とか言わないのそこ。)おうちにいるとダラダラしてしまいそうなの…

変身 - 東野圭吾

これも2日ほど前に読み終わったのですが、アルジャーノンの内容とシンクロした!!脳のお話。脳と個人のお話。日に日に自分という「個」が変わっていくさまは、チャーリイと同じ。 超同時期にこんな近いお話を読んだのは何か運命的なものを感じてしまったよ…

アルジャーノンに花束を - ダニエル・キイス

読んだ。「24人のビリー・ミリガン」と同じ著者なんですね、知りませんでした。 そこそこ分厚い文庫本でしたが、いっきに読めた。おもしろくっておもしろくって。全部が全部ひきこまれてしまった。天才時のチャーリイがいかに難しい言葉を使用するかを表現す…

本当に美しい人

いわずと知れた、オードリーヘップバーン。 だいぶ前やけど、amazon から届きました。★オードリー・スタイル?エレガントにシックにシンプルに 第一章から第九章に別れていて、写真も文章も満載で本当に読み応えのある本。"本棚にずっと置いておきたいナンバ…

葉桜の季節に君を想うということ - 歌野昌午

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)作者: 歌野晶午出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2007/05メディア: 文庫購入: 40人 クリック: 204回この商品を含むブログ (358件) を見るこうゆうタイトル好き。ふみちゃんが「この驚きを共有したい」と薦めてき…

差別について考えるとワケが分からなくなる

読んだ。 うぇっうぇっ(´;ω;`) ってなったあるよ。もう最後とか何なのってぐらい泣けたw 東野圭吾は推理とかミステリー系の作家と思っていたのだけど何だこれ。やられた。ゴーストライターじゃないかと疑ったwこの本を読むと、「犯罪」というより自分の…

ポジティブ教のバイブル「雨の日も、晴れ男」!

♪あなたが私にくれたものー!♪「雨の日も、晴れ男」のプレゼントー!♪ ♪IDEA*IDEA【書評】 雨の日も、晴れ男 (プレゼント付き!) ・・・と、いうわけで普段ポストという存在を忘れている私は、土曜日の夜にこれを見つけるというレスポンスの遅さ。すみませ…

私でもできたよ\(^o^)/「王様の速読術」

「もっと早く出会いたかった・・・」という台詞をリアルで吐くなんて・・・!!!速読には興味がありつつも「わたしの右脳はもはや成長してくれないのでは?!」とか「弾さんや勝間和代さんみたいに早く読めるはずかないわ><」などと戦わずして負けていた…

僕はパパを殺すことに決めた

私が通っていた大学にはかなり大きいライブラリーがありました。図書館をライブラリーと呼ぶなんてルー大柴くらいかと思いきや、さすが女子大ですね、学生全員が「ライブラリー」と言うんです。おしゃれです。 で、その膨大の本の中で私が一番好きだったのは…

ブラックウェンズデー?

米株式が一時464ドル安まで下げました(その後下げ幅を縮め終値は128ドル安の1万1971ドル)。5営業日で計806ドル急落し、2007年末からは計1300ドル近い下落となったそうです。今だその数字がどんなものか正確に分かっているとは言えませんが、アラン・グリー…

政治を知れる漫画:加治隆介の議

政治を知るに何かオススメの本はありませんか?という質問を知人にしてみたら、この漫画を教えてもらた。漫画というところが実にありがたい。読むのが遅い私ですが今年中に全巻読みたいな。加治隆介の議(1) (講談社漫画文庫)作者: 弘兼憲史出版社/メーカー: …

今年さいごに読む本リスト

波乱の時代(上)作者: アラングリーンスパン,山岡洋一/高遠裕子出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2007/11/13メディア: ハードカバー購入: 1人 クリック: 51回この商品を含むブログ (70件) を見るなんか、これは読んどかなきゃってカンジでさっき購…

はてな(?)

キーワード自動リンク機能のオフは有料オプションでしかできないらしい・・・うーむ。まぁ仕方ないかもしれませんが、不便だなぁ。ブログは絵日記を書くように毎日写真もつけたいと思っていて、最後に ”pic: ”という picture の略を記載したところ、、、PIC…