読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iGirl

主な登場人物:ルイ(5歳,男)・サキ(3歳,女)・ユリ(1歳,女)・夫(33歳,男)

子どもの写真をカレンダーにして送ってくれるアプリ「レター」を使い始める

スポンサーリンク
f:id:asami81:20151029144140j:image

共生ホーム(老人ホーム)に祖母がいて、今年はじめに90歳になった。まだまだ元気で、入れ歯もしてなければ差し歯もない。数本抜けているけど普通に御飯を自分の歯だけで食べられるのはすごいなと思う。

歩くのが少し大変そうではあるけど、幸い認知症もなく子どもを連れて行ってもちゃんと覚えている。ただルイをリュウくんと呼び、サキをカホちゃんと呼ぶ。

わたしの従兄弟でリュウタという人がいるのと、これまた従姉妹の子どもにカホちゃんがいるからだと思う。人を間違えているわけじゃなく、名前なんてどうでもいいじゃない、みたいなスタンスなようだ。

そんな祖母にはできるだけ最低月1で会いに行きたいのだけど、行けない月もあるので子どもの写真を毎月送りたいと思うようになり、レターというアプリを使いはじめた。

招待コード入力しなくても毎月1通無料(送料税込86円のみ)になると思ってたけど、⬆︎ページの説明とアプリのレビューを読むと「招待コードを入力すれば、ずっと毎月送料のみでオッケー」ということらしい。
(後日追記: 私の母がコード入力を忘れて使い始め、1通目から250円かかってます(^_^;) コード入力忘れずにー!!)

一応わたしのコードを書いておくので、お役にたちそうであれば使ってください➡︎ 89XN8

私はなんとなくApp Storeでレビューがしっかり書かれてる人の招待コードを入力した。そのコードの人になにか得があるといいな、と思い。ただ、誰かを招待したからと言って特に得することがあるのかは不明。アプリに説明書かれてないし、ないのかも?

追記
自分のコードを3人以上が使ってくれると、レターを保存していくアコーディオンブックが届くようです!招待数が多くても無料(送料80円)なのは1つで、2つ目からは250円は変わらず。追記おしまい。

f:id:asami81:20151128201009p:image
(後日追記: コード入力してくださる方が多くて恐縮です。アコーディオンブック、3冊くらい届きました。ただ、わたしレターは祖母に送ってるだけで自分には送ってないので、アコーディオンブックこんなに使わないw どうしたらいいのか。欲しい方がいたら連絡ください! Twitter asami81)

個人的感想
写真郵送アプリ(っていうのかな?)を使いたいと思ったきっかけは、夫実家へ行ったときに義理の弟夫婦が「Famm」というアプリでカレンダーと子どもの写真が一緒になったものを毎月送っていると知り、それはいいなーと思ったこと。

ただこのFamm、送料が150円かかる。なるほど送料ビジネス(私が勝手に呼んでるだけ)かぁ、業者と提携すれば送料も安くおさえられるし。と思ったけど、紙質も良かったし印刷代もかかるし、150円でも全然納得だよ〜、と思いながら登録。

しかし、登録後にこの説明見てとっても萎えた。

f:id:asami81:20151029144901j:image

最初は送料も含め1枚目は完全に無料だったみたい。ちょうど今月から値上げ。

説明の事情通りかもしれないけど、わたしはじわじわ値段あげていく系のサービスが嫌い。最初無料もしくはめっちゃくちゃ安くして、写真データいっぱいアップロードさせて「ここまで使ったし、これ使ってないといろいろ不便かも、、」と思わせる作戦に見えてしまう。それにリリース時だけでも無料にしたら「すごい」と色んなメディアやブログで取り上げてもらえるし、レビューも高くなるだろうよ。

サービスを運営してると想定外のことは起こりうるけど、最初から価値があって、その価値に合う適正価格をつけるべきだと思ってしまう。しかも値上げのやり方が私の見方では「送料ビジネス」。

しかも値上げの理由が「利用者増加」と「人件費増加」って、、、なに?小麦粉の値段あがったからケーキの値段があがる、は分かるわいな。なんかそれとは違うくないかい。それに利用者増加したら利益増えるはずでしょ、ちゃんと考えられたビジネスモデルなら。なんかこのあたりの言い訳が本当に萎えた。(会社概要みたら中の人に知り合いの人がいて「スイマセン」ってなったw 仕方ない!)

だから他のを探してみて、値段も使いやすさもレターが良かったのでそっちに速攻で移ったという話。フォトブックよりカレンダーのほうが飾れるし実用的。写真も1枚というのが意外に良い。面倒くさくなくて。しかもレターはメッセージが書ける。物だけを送るより、メッセージあるほうがいいな。

いま90歳の祖母に何枚送れるのか分からないなぁと思いつつ、あと10年くらい生きそうな勢いなので毎月楽しみにしてくれると嬉しい。

ちなみにiPhoneユーザーである母と義理両親には、iCloudで毎週のように写真を共有している。そして1人暮らしの母にはその写真に「いいね」してもらうことで生存確認としている。便利な時代。