購読中です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別養子縁組についての本「産めないから、もらっちゃった!」

本「産めないから、もらっちゃった!」読んだ。不妊により特別養子縁組で女の子の赤ちゃんを育て、その赤ちゃんはすでに大人になった「うさぎママ」さんのブログが本になったもの。

親目線だけでなく、子どもの「あのときはこう思った」という内容もあり、とてもおもしろかった。涙あり、ぷぷっと笑える部分あり。ほとんどの日常は本当に「ふつう」の家庭の波乱万丈さ。そこがいい。特別養子縁組の子どもたちは不幸でかわいそうではなく、幸せにふつうに暮らしているんだと知れる良い本だった。もちろん事情によって異なるだろうけど、それは実親に育てられている子どもたちも同じこと。

望まない妊娠をしたとき、女性の多くは「中絶、もしくは無理して1人で育てる」という選択肢しか持たないと書かれていた。たしかにそうかも。養子縁組をするという発想自体がなかなか出てこない。

出産した赤ちゃんを証拠隠蔽のように殺害してしまったり、我が子を虐待して死なせてしまうまでに追い詰められる親も世の中にはいる。何よりも子どもの命を大切にするならば、特別養子縁組というシステムに頼るほうがはるかに良いと私は思う。

もっと普及するといいのに、と思うけど、なかなか難しいようす。

乳児院児童養護施設の入所児童数は増えているのに、特別養子縁組の成立件数は90年代からほぼ横ばい、むしろ減っている。それは「いつか引き取りにくる」という親が多いため特別養子縁組ができないという理由があり、でも結局何年か経ち子どもを引き取ることなく連絡がつかなくなるケースが多いのだとか。連絡がつかないと養子縁組の手続きが進められない。そして特別養子縁組が可能な子どもの年齢は6歳まで。

なんという親都合の決まりなんだろう。子どもは血の繋がった親に育てられるのが1番という考えが元になっているとも書かれているけど、その暗黙の了解みたいなものが世の中の「育てられない母親」を苦しめているとも思う。

「子どもは血の繋がった親に育てられるのが1番幸せなのに、私は手放そうとするなんて、なんて最低な母親だ」と。最低な母親だと人から思われることもこわい。だから誰にも相談できない。悪循環。特別養子縁組という道もあると知っていたら、こういう悪循環がなかったら、救えた小さな命があるかもしれない。

うさぎママも本の中でこう言っている。「いちばんいいのは、自分で産んだ赤ちゃんを育てること。その次は、よその人が産んでくれた赤ちゃんを育てること」

子どもにとっても、いちばんいいのは実の親に育てられることは間違いないと思う。ただそれが不幸であれば意味がない。いちばん大切なのは子どもが幸せであること。幸せに生きられること。それは血の繋がりよりもっともっと大切だと思う。

本はおもしろかったけど、どうにかならんもんかぁ、とどんよりする気持ちが広がった。デリケートな問題であることは重々承知だけど、とにかく特別養子縁組の制度がもっと認知されてほしい。

産めないから、もらっちゃった!

産めないから、もらっちゃった!


無印良品のダイニングテーブルきた


f:id:asami81:20150407223417j:plain

だいぶ前のお話。

新しいダイニングテーブルとダイニングチェア(2脚)がやってきた(もともと使ってたIKEAの椅子も2脚使うまま)。

悩んだけど結局MUJIにて購入。無印週間で10%オフ&グランフロント大阪でのポイント5倍だったのでやったー感ある。

買ったもの。

f:id:asami81:20150519235352p:image

f:id:asami81:20150519235527p:image


買うときに相談した友人からのアドバイス・おすすめなど。調査力を尊敬している友人だけに、これは私だけじゃなく日本のどこかのだれかの参考になれば幸い。

/この辺もいいかも
椅子がメインだとおもうけど机もある。値段不明
http://www.miyazakiisu.co.jp/Miyazakiisu/chairs.html
ヨーロッパ買い付けの後だと、机とかもある。お値打ち。
http://de-naja.ocnk.net

(Q: 無印は安いってこと?)
/そう安いってこと。家具って高いけどほとんどの家具屋さんはボッてるわけじゃなく木の原価が高く、組立の手間賃を考えるとあれで適正価格だとおもいます。木の問屋までいって調べたから間違いない。そのなかで無印は、以前は百均一よりちょっといいみたいな位置づけだと思ってたけど、だいぶんIKEAより上におもえるわ。(最近のIKEAもしらんからわからんけど)
完璧主観でハイ・ミッド・ロウにわけてみるとIKEAと同じロウクラスにいた無印はIDEEとくっついてミッドロウにいったかんじ。そして値段はほとんどロウの域にがんばっておさえてるお値打ち感ある。
ちなみに、これは一般的な価値観ではなく、超富豪まで含めた話なので一般人のわたしたちはミッドかミッドロウでも十分高値の華。ロウでも全然okだとおもう。(カッシーナのベッドとか140万とかするし)

/ハイクラス
家具というより芸術作品みたいな捉え方になる
カッシーナ http://www.cassina-ixc.jp/shop/
hhstyle http://www.hhstyle.com
/ミッド
pacific furniture service http://pfservice.co.jp
truck https://truck-furniture.co.jp/home.html
pourannick http://pourannick.com
/ミッドロウ
(昇格!!)無印/IDEE
boconcept(など) http://www.boconcept.com/ja-jp/furniture
/ロウ
IKEA
ニトリ
/とりあえず
フライングタイガー
百均

自分なりにも調べて、いいなーって思う木のダイニングテーブルは20万円以上。同じサイズなら無印は10万円くらいということで半額くらい。

実物みて思ったのは、他のものより天板が薄い。木がもしかすると雑なところ(木目があまり美しくない箇所がある。
たとえば脚とか。

f:id:asami81:20150519235755j:image
写真、ちょっと分かりにくいかもだけどダイニングテーブルの脚。黒の筋みたいなのがある。他の高いやつを展示とか見てると、もう少し木目が美しいなぁと思うものが多かったように感じる。

無印は店頭で見れるのもいいなーって思ったけど、店頭にあるものが送られてくるわけじゃないから木目とかは送られてきた物次第。

こういう点が他よりも安い理由かも。まぁ総合的にみて満足なり。

GW2015 にっき 魔法かけても ヒメはヒメなの ヒメなのだ

思い出簡単めも。役立つ情報は無しです。


2日の土曜日を仕事にして、3から7までを連休に。混んでるときに旅行とか行くのは嫌だ派なので相変わらず今年も夫実家へ帰省のみ。1時間ちょっと車で走れば田舎暮らしを満喫できるという素晴らしさ。

f:id:asami81:20150507213243j:image
帰省恒例のバーベキュー

f:id:asami81:20150507213340j:image
今年は義弟夫婦のベビちゃんも仲間入り

f:id:asami81:20150507213607j:image
夫が小さい頃に使っていた着物を着て人形と戦うルイ。夫が男ばかりの3兄弟のためえらい豪華。夫実家にサキの分がなさすぎて今後かわいそうな思いをさせそう。何とかしないと。

f:id:asami81:20150507214509j:image
f:id:asami81:20150507214007j:image
f:id:asami81:20150507214124j:image
6日は播磨中央公園と、さいくるらんどへ。http://www.hyogo-park.or.jp/harima/

混雑時間帯が過ぎてから着いたのか、空いててたくさん遊べた。でも1歳児には少し難易度が高く、長時間は無理で2時間半くらいで撤収。


f:id:asami81:20150507214920j:image
f:id:asami81:20150507214928j:image
最終日の今日は、三田のアウトレットへ寄って自宅に帰還。広い場所でルイはサキの手をつないで「こっちだよ〜」と優しく、こけたら「大丈夫?」と抱っこしてあげようとする。サキは自由奔放、自分の行きたいところへ行く!さわんな!という感じ。性格の違いがよく見えた1日。

アウトレットはめっちゃ空いてたけど、子どもいると買い物はやっぱ難易度高い。クレープ食べただけで帰ってきた感じ(o_o) ゆっくり買い物できる日は一体いつ来るのか。ネットショッピング盛んな時代に生きててよかった。


結構のんびりしたはずが、なんだかんだでとっても疲れたゴールデンウィーク。まぁなんだかんだで楽しかったし怪我も無く無事過ごせてよかったよかった。

そして連休中に読み始めた「弱虫ペダル」がおもしろすぎてヤバイ。

ヒーメヒメヒメ♪ 大きくなぁれ♪ 魔法かけても ヒメはヒメなの♪ ヒメなのだ‼︎ ♪

須磨水族園

サキの熱は土曜日に始まり、中休み2日、そして再熱、1週間後の日曜日まで続いた。再熱後に受診すると扁桃炎になっていて、お薬を処方された。最高40度超えで、さすがに心配になったけどなんとか痙攣も起こさず頑張ってくれてよかった。


痙攣しないかってのは、ほんとに不安になる。対処マニュアルに「親は落ち着いて」と書いてあるし、親は落ち着くべきって分かってるけど、痙攣したことがない私でも不安になりすぎてドキドキする。痙攣を目の前に落ち着ける親なんて、医者か看護士やってる人ぐらいじゃないだろうか。5分様子を見て、それでもダメなら救急車ってさ、そんな待てないよ。無理だよねー。でも待たなきゃいけない。ああ、育児はやっぱり忍耐だ。


というわけで月曜日からはケロリと元気に。今日は久しぶりのお出かけ。須磨水族園。サキの看病ばかりでルイをあまり構ってあげられなかったので、今日はルイ孝行といった感じの1日。


f:id:asami81:20150429211520j:image
f:id:asami81:20150429211535j:image
屋上のふれあいスペースがなかなか楽しかった。ちょっと運営に試行錯誤感があって効率悪かったりする部分はあるけど(大した人数ではないのにカメのエサやりにめっちゃ並んだり)、子どもはみんな大喜びしてて良いかんじ。


f:id:asami81:20150429211607j:image
カメの渋さに目覚めた私。かっこいいー。


f:id:asami81:20150429211903j:image
f:id:asami81:20150429211927j:image
カピバラを見ながら足湯。


f:id:asami81:20150429212012j:image
イルカショーは2回観たー。席取りしてなくても後ろの席に普通に座れた。歴史が長いだけあって、京都水族館よりスタッフさんらが小慣れた感あり。イルカの技もこっちのほうがすごいイメージ。いずれにせよ、かわゆい。


f:id:asami81:20150429212358j:image
1日満喫して帰宅。さすが海沿い、思ってたより全然寒かった。次からは気をつけよう。


人生初の高熱


f:id:asami81:20150420210232j:plain

サキ。4/18で1歳3ヶ月になったその日、人生初の高熱。39度。


ご機嫌だし元気だし、でもいつもの旺盛すぎる食欲がない。そしてお昼寝がえらい長い。なにかおかしいぞ、、、あれ、熱いぞ、、、と。スタート。


4月から保育所が始まったので、なにかいただいてきたかな。元気だったから今日の月曜日まで受診を待ち行ってきた。


もしかしたら突発性発疹かもね、ということで熱が引くまで様子見。突発性発疹は早めになるほうがいいと聞いたことあるし、そうだといいけど。


女の子は、男の子よりも強いよ〜、なかなか病気しない。ってか男の子が弱い!すぐ熱出しやがる!!!


という話をルイのときから聞いていて、でもルイはまわりの男の子に比べると強いほうかなーって思ってた。それでも0歳児から3ヶ月に1回くらいは高熱で、生後7ヶ月で謎の高熱が続き入院。


サキが産まれて「あの都市伝説は本当かもしれない…」と思ったね。全然熱出さない。超元気。私たち両親からプレゼントしてしまったインフルエンザもルイが先にかかり、サキは熱を出すことなくタミフルで完治(検査で陽性は出たが無症状)。



というわけで今回は今まで頑張った御礼も込めて気長に付き合おう。こういうとき、在宅勤務だと本当に救われる。


ほぼフリーランスみたいなもんだから、やらないだけ収入は減るけど、今は子どものために仕事頑張れるってことは、子どものために休んだっていいという考えができるようになった。


たぶんこれは、夫に一家を支えられるだけの収入が安定的に入ってきたからだと思う。昔の(一家を養っていた)わたしならこんな考え方はできなかった。お金の安定は精神の安定につながるんだなーとつくづく。役割分担すばらすぃ。


ただ、我が家の「安定」は目先1年くらいしか見えなくて、それ以降はどうなるのか誰も分からないという点。相変わらずサバイバルだけど、数年前よりはいろんな武器を装備し始めたからなんとなく大丈夫かなーと思える。夫が楽観的すぎるのでたまに忘れるけど、私も相当楽観的なのかもしれない。

ひとが否定されないルール

f:id:asami81:20150417102823j:plain


図書館が近くなり、先日行ってきた。なんとなく見つけたこの本。あとで知ったけどNHKで特集されたりと有名な方らしい、脳障害と共に生きる日木流奈さん。


本の内容がとても良くて。いろんな育児書を読むけど、どれも大人が書いた、大人目線であることは否めない本たちなので「本当のところはどうなのかなぁ」という感想は少なからず残る。

でもこれは12歳の流奈さんが書いたわけで、子ども目線でのいい大人というのが書いてある。子どもと接する際、見られている点、大事にしなくちゃいけない点がわかる。

嘘をつかない、ごまかさない、相手を信頼する、試さない、強制しない、常識にとらわれない。

こういうことは文字にすると、気をつけて当たり前のように感じるけど、大人は相手が子どもだと、特に我が子だと気が緩みがちなのかもしれない。気をつけよう。


本の中で、感動したり感心したり心打たれる文章を挙げていくとキリがない。育児教育として、人としてとても学べる点が多くあった。


ほぼ読み終わった頃、ふと日木流奈さんは今現在なにか活動されているんだろうか、という疑問をもつ。1990年生まれということなので現在25歳くらいかな。


さてさて、なんといい時代、すぐに手元のスマホで調べる。



・・・うーん、なんか雲行きがあやしい。



ネットの情報を全て鵜呑みにしてはいけないことは今まで生きてきて分かっているつもりだけど、どうも私の感動がどうしても薄れてしまう動画を見つけてしまった。



この動画を見る限りでは、どうしてもお母さんが無理やりやっているように見えてしまう。。


もしかしたらいろんな事情があるかもしれないし、本当に流奈さんがやっているのかもしれない。彼は脳障害児で、健常者が思う「文字を伝えるにはこのような動作」と違う動作ができないかもしれない。実際に本にも「やりたいことと動作に矛盾がある。反対のことをやってしまうこともある」というような記述がある。


とはいえ、本当のところはどうなんだろうなぁ…この本も本人が本当に書いたのかなぁ…という思いが正直でてしまう。


わたしってば、やーね。心がきたないやーね。


まぁ、よく考えたら本当だと信じ込む必要も、嘘だと信じ込む必要もはないから「いい内容の本だった」としてだけ受け取ろう。


本に書かれているように、愛されてるなぁと子どもが感じてくれるような親になりたい。他人と比べるよりも「昨日の自分より今日の自分が優秀であればいい」と教えてあげたい。





イチロク

高校1年6組。そこまでめっちゃ仲よかったわけじゃないはずが、なぜか定期的に集まるメンバーがいた。なんとなく「毎月集まれたらいいねー」と。「また飲みにいきましょう」的な、そんなこともできたらいいね、たぶん無理だろうけど、みたいな約束。


それが17年間続いてる。あ、18年かも。その名はイチロク。


もちろん今は毎月ではない。大学の4年間くらいは毎月してた気がするけど、さすがに社会人になったりするとそう予定も合わない。


私も含め、留学したりするメンバーがいて、その間は半年〜1年空いたりもした。でも、なんだかんだまだ続いてる。今は2〜3ヶ月に1度くらいで集まる。

過去にはそれなりにいろいろあった時期もあり、メンバーが1人減ったりもした。今は5人。奇数という中途半端な数。だけどたぶん絶妙にマッチする性格同士なのだろう。ベタベタする仲良しでもない。なんとなくいい距離だから17年もやってこれたのかな。


今日はうちの家に全員集合。気づいたら、みんな勝手にエプロンつけて、唐揚げとポテトサラダとハッシュドポテト作ってた。ピザは夫が取りに行ってくれた。食べ物の趣味も、夫よりずっと近い。


なんという居心地のいい空間なんだろうと思った。


「こんなこと言ったら嫌われるかも」とか「こんなこと言うと嫌な奴とか思われるかな」とか、一切考えない。1ミリも。たぶんそんな時期はとっくの昔に過ぎ去った。


そんな関係はやっぱりとても貴重で、これが宝物かーと思った。


旅行には行ったことがないので、近場でもいいからみんなで行けることが今の夢。