読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラブルを避ける言い方

「わたしは差別はよくないと思うけど、でもあなたが部落のひとと結婚すると、つぎに結婚するあなたの妹やいとこに迷惑がかかるじゃない? だからもっと慎重に考えて」
そして、ここで何かを決定しているのは、語っている本人ではなく、どこかにいる知らない他人、つまり「世間」だとされる。

あああ!すごい分かる。こういう物言いの人。いるよね。すっごいうまい人。

だけど私はこういう物言いができる人から学ぶことは多いと思う人生だった。ストレートに言い過ぎて何度も要らぬトラブルを抱えてきたし。

そして最近はこういう言い方を意識的にするようになった。できていないかもしれないけど。。今もまだ、思ったことを何も言い方を考えずにすぐ口から出てしまうこともあるけど。。

冒頭の記事を読んで、それが良いことなのかどうか分からなくなったものの、ストレートに言うことや主語を自分にすると「きつい」と認識される日本文化だもんなぁ、と。

そういう言い方を身につけることで、自分では昔よりもやっと適応しつつあると思えてるけど、
自分が責任を負わずに、ひとを抑圧するやりかた。
これは気をつけたい。特に子どもに対して。例えば「自分の将来は自分で選んでほしい」と思いつつも、やっぱりこうなってほしいとかあるわけで、知らず知らずのうちに抑圧してしまうかもしれない。

トラブルを避ける言い方は人間関係で大切だと今も思うけど、どういった表現の発言でも自分が責任を負うことは忘れないようにしよう。

2度目の神戸アンパンマンミュージアム

f:id:asami81:20150823210847j:image

日曜日。混雑を覚悟して神戸アンパンマンミュージアム&モールへ。

正直、ミュージアム自体は前回行って「これで(1歳以上)1500円は無いなぁ…」という感想だったのでモールでショーとか観たり、海沿いで遊んで帰るつもりだったのだけど、タイミング悪くショーがやっていない時間帯についてしまったのと、モールよりもミュージアムのほうが空いてたので入場することにした。

1歳以上が1500円ということは、ルイサキと私で4500円。広くもなく、遊べる場所といえば実質滑り台くらい?大きいボールスペースも子ども達に人気だけど、割とすぐ飽きちゃう。サキなんて2分くらいで「もーいい」と言ってスタコラ出ていってしまった。

f:id:asami81:20150823211503j:image

同じように思う親が多いのかな、そりゃモール(ショッピング街・無料でショーが観れる)のほうが人多いわーって感じ。

初期は入るためにあれだけ並んでたのに、今は日曜日でも全然並んでない。おかげで滑り台の順番とかどんどんまわってきて遊びやすいけど。

2時間弱の時間をつぶせたので良し。あとはパン屋さん(ジャムおじさんのパン工場)でアンパンマンとあかちゃんまんのパン買って満足してくれたし、良い休日になったかなー。

関連記事

前回行ったときは平日だったけど、ミュージアムには入ってない。あのあたりに行くにはできれば平日がいいな。ジャムおじさんのパン工場だけでも楽しめる。駐車場にも車とめやすい。

専用ワゴンのおかげで洗濯物へのストレスが4割減った


毎日出る洗濯物。子どもが2人になって、更に保育所に通うようになって、更に夏となるとものすごく増える。ありがたいことではあるけど、保育所でプールがあったり、何度も着替えさせてくれたり、と。

わたしが今までものすごくストレスに感じていたこと、それは洗濯物をたたむ→しまう、という行為。

どうにかしてストレスを減らせないかを考え続けた。

まず、たたむという行為のストレスを減らすには、テレビをみながらたたむ、ということに落ち着いた。そうするとほとんどストレスはない。意外に早く終わる。

引っ越した当初は、服や荷物をしまう部屋をつくれたのでそこに干してそこでしまう、というとにかく導線を短くする案を取り入れた。しかし夏、暑い。その部屋は倉庫代わりになっているしクーラーもないし、テレビももちろんない。そこで洗濯物を畳み続けるのは至難の技。

それに、最近買い換えたドラム式洗濯機が、驚くほど古いドラム式洗濯機とちがい乾燥かけてもシワが少ない。そして電気代も安い。だからもう毎日乾燥までかけるので、最近は干すというストレスからは解放された。これはまた別の機会に詳細を。

洗濯機から乾燥された洗濯物を取り出し、折りたためるカゴに入れる。こういうカゴね。

f:id:asami81:20150822150407j:image
f:id:asami81:20150822150420j:image

そして涼しいリビングへ運び、テレビをみながらたたむ。そこまでは結構前からやってた。

が、しかし。

たたむことはストレスなくできるようになったものの、しまうのが結構大変。なにせ、リビングと洋服をしまう部屋が結構離れている。

床に並べられたそれぞれの服。一気に運べずに何往復かしないといけない。それに、たたんだはいいけどしまう気力が残っていない時もある(ずぼら)。

そんなときはリビングの床に洗濯物が残った状態。。それはそれは、ストレス!(だったらすぐにしまえって話なのだけど。無理な日もあるよそりゃ)
だいたい夜にたたむので、すぐに片付けないと朝起きて子ども達に散らかされる。。

この、片付けたくないけど、片付いてない状態にストレスを感じるというワガママ体質。なんとかならぬものか。

まずやってみたのが収納術でよくある、カゴの活用。家族人数分のカゴを準備して、そこに入れていくいうもの。

これね、かごの面積によるけど、まず邪魔。カゴ並べただけで床面積とりすぎ。そして重ねた時点で洗濯物がシワシワになっちゃう(重ねられるカゴもあるけど、あんまり入らない)。それに畳んでからカゴに入れると、中身が見えないので「あの服どこいった」というときにすぐに取り出せない。

というわけで挫折。これまでに適したカゴは無いかと何個買ったことかー。。

で、2ヶ月くらい前にIKEAで買ったこのワゴンが最高。

f:id:asami81:20150822151236j:image

たたんでポイポイ入れていく。1段上は大人の、2段目は子どもの保育所用の服やタオル、3段目はその他の子ども服。というザックリと分けて入れる。そうするとしまうときも簡単だし、ズボラして片付けずこのまま放置しててもすぐ取り出せる。

キャスターもついてるから、リビングから収納部屋までもスイスイいける。

これだけのことで、今まで感じていたストレスが確実に4割減った。あとの4割はさっき言った干すストレスだったけど乾燥機によりクリア。1割のたたむストレスはテレビみながらで解決。

残り最後の1割は「そもそも何もやりたくねぇ!」に対してだからまだ無理だな。早く子どもたちが全部できるようになるといいなー(旦那さんの教育するより、子どもを教育したほうが早いと気づいたよね)

というわけで、洗濯物用ワゴン、おすすめ。