iGirl

完全に思いつきで書いています。

自分の声援が全世界にばっちり放送されてた件

f:id:asami81:20180216220637j:image

浮かれ写真失礼します☺️💦江陵アイスアリーナで、試合後にルイが撮ってくれました💮オリンピックだもの…多少は浮かれてもいいよね?!👍

 

さて、本日フィギュアスケート男子SPが終わりました。もう皆さんご存知のとおり、1位羽生選手、2位ハビエル選手、3位宇野選手。そして4位のボーヤン選手までみんな100点越え………😳✨

たまらなく観戦甲斐があったー!ほんと来てよかった😂💕

 

 

羽生選手、怪我をしてたとは思えず…。相変わらず逆境に強すぎて引いた。いくつも逆境を乗り越えてきた成功体験があるから、今回も成功するイメージしかなかったんじゃないだろうか。

 

 

「成功はイメージから」「思考は現実化する」を生きて証明してくれる人だなぁ。。。

 

f:id:asami81:20180216225320j:image

(Yuzuru Hanyu takes lead after short program at Pyeongchang Games | The Japan Times)

 

本当に本当にすごい羽生選手ですが、わたしはスケート以外でもすごいなーと思うことがたくさんあります。その中の1つに「やるときは恥ずかしがらずやりきる!」というものがあります。

 

 

エピソードの1つとして、前回のソチオリンピック時、ショートが失敗続きで世界が驚いた浅田選手のフリー演技前のこと。羽生選手は大きな声で「まおちゃんがんばれー!!!」って言ったんです。(「真央ちゃんがんばれ 羽生結弦」とググると出てきます)

慣れている人にとっては何てことないかもしれませんが、わたしは結構衝撃でした。

 

 

国内でいくつかフィギュアスケートの会場観戦に行っていましたが(関西に住んでいるとき「東京いくよー」と言うと9割は「スケート?」と聞かれてた)、大きな会場&人が密集。そこで大きな声を出すってかなり勇気がいるんです。

 

 

わたしは幾度となく蚊の鳴くような声で「ゆ、ゆづ…がんばって…」と、30センチ先の隣の人にも聞こえないような声で言ってました(フィギュアファンには当たり前のことですが、羽生選手を応援するとき「ゆづ」が愛称です)。

 

 

そんな私にとって、オリンピックの会場であんな大きな声で応援できるなんてさすが羽生結弦!尊敬of尊敬!

 

 

やるときは恥ずかしがらずにやりきるって大事だな、と。

 

 

どうせ慣れたり練習したらだいたいのことはできるようになるんだ、羞恥心さえなくせば、声なんて誰でも出せるんだからできる!!と。

 

 

そして今回、平昌オリンピックへの旅は「夢をかなえる」が個人的なテーマということもあって、頑張ってみましたよ。

 

 

声を出したタイミングはめっちゃ覚えてるんです。羽生選手は毎回リンク中心へ出発前、儀式のように同じ動きをするのですが、まずオーサーコーチと話す⇨目を瞑って精神統一⇨壁を叩く⇨出発

という流れになります。

 

精神統一してるときは邪魔しちゃいかん、と思ってわたしは声援を送らず、壁を叩くときにしよう…と思いながら息を吸ったら…会場が一瞬シーンってして…「あ、やばい、私だけみたいな感じになる」って思って。

 

 

でも「やるときは恥ずかしがらずにやりきる」が大事だからね!!!やりきりましたよ!大きな声で!羽生選手が壁叩くときに!

 

 

ゆづがんばれーーー!!!
(心の中は「まおちゃんがんばれーーー!!!」って言ってるゆづになりきったわ)

 

 

で。観たのよ、動画。



(日本の方々は録画見てね。ネット視聴は自己責任でオネシャス(´・ω・`)つ ニコニコ動画)

 

 

 

・・・・・Oh! It’s me🤭🤭🤭🤭🤭

 

 

めちゃくちゃ声でかいやないかい🤫

 

 

正直自分でめっちゃ笑ったw ゆうとくけど1番後ろの席やで?!

 

 

いやぁ、羽生選手には聞こえてないかもしれないけど、羽生選手が写る画面に自分の声が入る…こんな貴重な体験ができたオリンピックまじ最高。

 

 

平昌オリンピックに来ました

f:id:asami81:20180215233856j:image

 

オリンピック出場という夢はお金で買えないけど、

オリンピック観戦という夢はお金で買える。

 

買える夢は買って死にたい。

 

というわけで、来ました!平昌オリンピック!江陵!かんぬん!フィギュアスケートおおおお!

 

 

2011年のときにテレビで初めて羽生選手を観て以来ファンでして(ぶっ飛んだ才能がある人が好きなので…そして美しい)。

 

一昨年は仙台に聖地巡礼に行ってきました。

 

asami81.hatenablog.com

 

4年前のソチオリンピックのときはサキを出産直後でさすがに行けなかったので「つぎの平昌は行きたい…ルイもそのときは6歳…ふたりで一緒に行きたい!」と思い、夢の1つとなっていました。

 

今回それを叶えた!やったね!

 

体調が悪くて行けないかもしれないという不安があったものの(前回の日記参照)、なんとか到着。あまり無理しすぎないように楽しもうと思います。

 

https://www.instagram.com/p/BfLqCRJF5Nj/

スーツケース本日21時に到着。いまから準備。いつもギリギリ。久しぶりの海外。どこに行くかは…このプーさんでお察しください(言うまでもなくティッシュケースです)(家にキャラクター系ほぼ禁止にしてたのに、正面向いてるこの子を見つけて即買いしてしまった…)(本物は大人の事情でケーキ型になったようです)

 

https://www.instagram.com/p/BfN3qiQjbFb/

写真は羽生くん…と言いたいところでしたが残念ながら練習は欠席〜最後のグループ登場前、会場めっちゃ盛り上がり(90%くらい日本人なので羽生くんと宇野くん目当てかと思う)……そんな中1人で登場させられたボーヤンジンかわいそうwww いや、ボーヤンジンも、練習見れただけで嬉しいレベルの優秀なスケーターだよ!#平昌オリンピック #フィギュアスケート #公式練習

 

https://www.instagram.com/p/BfOH-fojGQu/

公式練習終了。明日はSP本番〜たのしみ〜#タクシーいなさすぎて超行列#ホテルまで歩いた

 

 

ルイがもうすぐ小学生。ふたりで旅行なんてなかなか行けないかも、ということもあり今回は1人だけを連れてきました。

 

サキユリをみてくれている夫に感謝と、

 

会社が好きなタイミングで有休とれるホワイト企業に感謝!!!!

 

「メニエールか…」「ベビーシッターは子どもへのプレゼントだと知った」の2本でお送りいたします。

f:id:asami81:20180214013043j:image

このまえの日曜日の夜、人生二度目、夜中の救急病院にお世話になりました。写真は最後、帰る時に会計待ちで。何で記録しようかと思ったかというと、前回もオリンピックの時期だったからです!!!

 

asami81.hatenablog.com


地球のどこかでオリンピックという「人間がめっちゃ肉体同士の競争をしているのに私は倒れている」という悲しいことが2度も…。元スポーツ選手として情けない。

 

さて。日曜日のこと。朝から何だかフラフラするなーという感じで、昼にはグルグル目眩が発生。「こりゃやべーぞ」と思いずっと横になっていたのですが、一瞬頭を動かしただけでグルグル再開。夕方にはさすがに船酔いレベルの吐き気も始まり、酔い止めを飲むもまったく効かず。むしろどんどんグルグルがひどくなる。

 

 

夜8時半に「本日最大のグルグルいただきましたっっっ」ということでまじで死期が見えてしまい、翌日は祝日ということもあり、最終的に救急病院にお世話になった流れです。

 

夫が、看護士さんとつながる相談窓口に電話してくれ「救急車呼んでいい」と言われたのですが、さすがに子どもたちがびっくりたまげる(救急車乗れて喜ぶかもだけど…)と思ったし意識ははっきりしていたのでタクシーで移動。

 

目眩がとまるようなものが入っているらしい点滴を1時間半かけて打ち、帰宅しました。夫がいる日でよかった・・・・。

 

 

印象的だったのは、お医者さんに「子ども3人ね。仕事は・・・もちろんしてないんでしょ?」と聞かれたこと。

 

 

してるよ!フルタイムだよ!ワンオペだよ!!!

 

 

と、青い顔しながらもわたしの血相変わったのわかっちゃったかな、お医者さんが夫を呼び出し「脳に異常はないので耳だと思います。ストレス減らせるように、もう少し子どもと奥さんを離してあげましょう」と言っていた・・・笑。なんかごめん。

 

 

と、いうわけで、ついにメニエールを認める時が来てしまいました。完全にエリエールを連想させる病。お鼻に優しいイメージ。耳鼻つながりかな。

 

 

 

 

3年くらい前最初にグルグルが出て「メニエールは一度なると治らない」みたいな話もあるので、一切認めていませんでした。花粉症とかでそういう人いますよね。「いや、これ花粉症じゃないし。ちょっと風邪ぎみなのかも」みたいな。「完全に元気じゃねーか」ってパターンのあれ。

 

 

そのメニエール版。この3年くらい認めたくなくて、どうしても。

 

 

 

認めたくないものだな 自分自身の若さ故の過ちというものを

 

 

すんませんすんません言ってみたかっただけです。

 

 

 

1つ注意なのは、ストレスと言うと仕事関係を連想する人も多いと思うのですが、これだけははっきりと言わせてください!

 

 

仕事、まじでストレスゼロ。ストレス is ゼロ。ノーストレス。

 

 

むしろ日曜日とか「はやく会社いきたい・・・仕事したい・・・」ってなってる。基本成長欲が強いので、成長できる環境や刺激は大好物なのです。

 

 

つまりはあれですね、ストレスの原因。

 

 

Children

 

 

子どもはかわいいけども、育児ストレスっすね!!!!

 

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、わたしは6歳の男子、4歳と2歳女子、この3人を育てています。立候補した覚えはないのに「ワンオペ議員」とか「ワンオペ大臣」とたまに呼ばれています。清き一票ありがとうございました。

 

 

でね、子どもって、かわいいんですよ。そりゃこんなに何もできない生き物が生き残るにはこんなにかわいくなきゃ無理だよね、って確信してしまうぐらいにはかわいい。

 

 

でもね、かわいいからってストレスたまらないかって、そうじゃない。24時間かわいいかって言われると、そうでもない。

 

 

 

じつは最近気付いたことがあるんです。子ども3人を育てる上で、客観的に大変だとイメージされることって、以下のようなことなんです。

 

 

・保育園の送迎とか大変そう!(自転車で往復約2時間弱走り、保育園をはしご)

・ごはん作るの気が滅入りそうね…

・お風呂とかどうしてるの?!

 

 

わかる。わかるよー。まぁ実際全て大変。大変っちゃー大変。でも、慣れる。人間 is すごい。慣れ is 最強。

 

 

ただ1点だけ、本当に慣れなくて最も辛いことがあるんです。わたしにとって、本当に辛い。

 

 

 

会話

 

 

 

かいわ。とにかく毎日の会話が辛い。

話しかけられ続けるのが辛い。×3人

 

 

1時間に1回くらいは「なんでこんな不毛な会話してるの?」と思う。

 

 

おもしろいときも、もちろんある。特に2歳は話し方がまだハッキリしてなくて超かわいい。だけど、1名に対して私が笑うと他の2名様も「それママに笑ってもらえるんだ!」と思ってか同じことをほぼ100%やる。そんなとき

 

 

「同じことを繰り返しやってもウケない。これ笑いの鉄則やぞ」

 

 

そう真剣に言う関西人(わたし)がいる。

 

 

笑うフリって難しい。優しさからの演技をしたところで、明らかに乾いてる。目が笑ってない。女優俳優さんの凄さを実感する毎日です。

 

 

というわけで、普通に自分がダメな母親だなーと感じることも多くあります。いや、毎日のように感じてるかも。子どもと同じテンションで遊んであげてるママ友とか見ると「うわぁ、えらいなぁ。わたしはなるだけエネルギー使わないように過ごしてしまってるなぁ」と思います。

 

 

1番のストレスは、最後のこれなんだと自分で思います。罪☆悪☆感がストレスなんじゃないかなーと。単純に疲れという可能性も多いですが。

 

 

で、今日の2本目のトピックがこのストレスを少しでも解消できるんじゃないかなって思ったことです。

 

先日、知人が立ち上げたベビーシッターサービスを利用しました。「立ち上げました~ワンオペ3人育児のあさみさんのような人に是非使ってもらいたい」と言ってくださったので「え、では明日がいいっす・・・(土曜日・祝日だった)」と。

 

私の無茶振りにも答えていただきありがたかった・・・!(ブログ書くことでお金もらってるわけじゃないのでステマにならないと判断しタイトルにPRは入れてないよ~)

 

 

それまでいろんなベビーシッターサービスを検討しては「なかなか良さそうな人がいないなぁ(近くの人とか、料金的にとか)」で終わってたんですが、今回は知人が立ち上げたサービスということとシッターさん全員が保育士というすごさに安心し、お願いすることに。

 

 

家に来てもらい、お昼ごはんをつくってる間、庭で遊びたいサキとユリをみててもらいました(まだ目を離せない年齢だしごはんつくる間が1番大変)。

 

f:id:asami81:20180214013537j:image

 

ごはんのあとはみんなで公園に。いつも私1人で子ども3人を公園につれていくと、基本2歳を監視することになり他の2人にあまり構ってあげられていません。

 

 

特にルイは最近、だんだん下2人と遊び方も全く変わってきてしまいました。サキユリの女子チームが砂場でままごとをしても、今はまったく参加しません。自転車に乗ったり、サッカーをしたがります。もちろんサッカーの相手などできるはずもなく。

 

 

と、いうわけでその日はシッターさんにサキユリをお願いし、私はルイとサッカー!!!(何気に初だったかもしれない・・・)

 

f:id:asami81:20180214013448j:image

 

 f:id:asami81:20180214013351j:image

 

f:id:asami81:20180214013320j:image

 

 

この嬉しそうな顔を見て、心の底からわたしも嬉しかったです。

 

 

いつも構ってあげられなくてごめんね。

「ママ、見て」の言葉を、わたしは何度無視してしまっているんだろう。本当にごめんなさい。

 

1番歳上だけど、1番甘えたの男の子。1人だけの男の子。

パパがいる日は「一緒に寝たい!!!!」と泣いて訴えるのに、ママだけの日は全く何も言わないで頑張ってるね。何も言わずお布団に入って、妹たちの布団にはママがいるということに文句も言わなくなった。それが成長だと私たち親は勝手に思ってしまって、キミの頑張りに気づいてあげられていない時がある。本当にごめんね。

 

それなのに、いつも優しいお兄ちゃんでいてくれてありがとう。

 

 

 

この日は、ルイをしっかり見てあげることができました。そうすると、ルイも満足して、グズったりせず妹にも優しく接してくれて、みんながハッピーだった1日。

 

 

これまでは「留守にするからベビーシッターに依頼」という選択肢しか持っていなかったけど「ベビーシッターは子どもへのプレゼントにもなる」ということを知りました。プレゼントって、あげたほうも幸せになるから、いいことしかない。

 

 

お金は多少かかっても、ストレスになる罪悪感と子どものことを考えたらこういう使い方も全然ありだなーと思います。というか、3人以上いる家庭は是非やってみてほしい。

 

どこか出かけてお金つかうより、ベビーシッターお願いして公園とかでお金つかわない遊びするほうがきっと子どもの満足度高いっすよ。

 

私が使ったのは KIDSNA Sitter というところ。一緒にいるとはいえ公園で2歳4歳に目を離すので、正直「保育士さん」というのは安心感につながった・・・。(自分が海外でベビーシッターしてたので資格保有者じゃなきゃぜったいヤダとかはないし、個人的には多くの子どもを見る場合は資格よりも単純に大人の数が大事だとは思っているけど、自分の子くらいの人数で、かつまだ依頼し慣れていない立場だと、シッターさんが資格保有者であることと経験値には結構価値を感じちゃいました)

sitter.kidsna.com

 

なんか長くなったけど、育児も仕事もまだまだがんばるぞーい!

育児は頑張らざるを得ないけど、ほどほどに手を抜き、お金で解決できるところはそれで解決していきたい。

 

f:id:asami81:20180214013850j:image

 

▼追記

ブログ見てくれた KIDSNA Sitter の人に「こういうのあるよ!」と教えてもらいました。5000円クーポンて!めちゃでかいやん。

 

●プレゼント内容
「はじめてのシッターお試し代」として、はじめてキズナシッターをご利用いただいた方に、ベビーシッター1回あたりのおおよその利用料である5000円分のAmazonギフト券をプレゼントいたします。

●クーポンコード
--------------------
otameshi689
--------------------
(アプリダウンロード後、会員登録時のクーポンコード入力画面で、ご入力ください)

アプリダウンロードはこちら
https://sitter.kidsna.com/r/4

●対象条件
下記、すべてに該当する方
・2018年3月31日までにシッティングをご利用いただいた方
※「初回面談(1時間)+初回シッティング」まで完了された方が対象となります
※キズナシッターで既にシッティングを利用したことがある方は対象外となります
・ご利用前に該当のクーポンコードをご登録いただいた方
・先着100名様(期間中に上限に達した場合プレゼントを受け取れないことがあります。ご了承ください)

●プレゼントのお渡し
ご利用いただいた翌月以降に、ご登録メールアドレスあてにAmazonギフト券のURLを送信いたします。
info-sitter@kidsna.com からのメールを受信できる状態にしてください。

prtimes.jp

 

とりあえず初回面談を何名かしておいて、すぐに依頼できる人を見つけておくと普通に便利だと思います。

 

とくに夫婦ともに親が遠方の人ーーーー!いますぐやるのよーーーー!!!!

っちゅきしゃま

今日は月が綺麗な日だった。

 

夕方に公園であそんでたら、サキが「あー!おつきさま!みて!まま!きれーー!」と言うので「ほんまやねーー」と応じて空を見ていた。

 

突然、滑り台にいたユリが急いで滑り、そのままダッシュで走り出し、公園からも出ていこうとする。

 

なにごと?!

 

とこちらも猛ダッシュで捕まえに行く。小さなモンスターはもちろん暴れ狂う。

 

なんだなんだと思っていたら、ユリが「っちゅきしゃま!っちゅきしゃま!」と言う。

 

………まさか………おつきさま?!おつきさまなの?!(お)ちゅきしゃま?!捕まえなきゃーってダッシュしたの?!

 

 

控えめに言って世界一かわいすぎ

 

 

こりゃもうブログに残しておかなきゃな、と。未来のわたし、思い出してまたキューーーン!!!ってすればいいさ。

  

8年6ヶ月使い続けたプロフィールアイコンを変えます

f:id:asami81:20171101013044j:plain

 

おひさし鰤のはてなブログ

 

元気でしたか?

おかあさんは、20代後半若手IT企業社長に「増田」が通じなくて悲しかったです。(増田=はてな匿名ダイアリーのことね)

 

さて。8年6ヶ月使い続け、最近は会う人会う人に「アイコンと違いすぎません?」ってストレートに言われるわたしです。

 

 

旧アイコン(プロフィール写真)がいいか悪いかは置いておいて、そりゃ8年も経てば違うわな。

 

なんで変えなかったのか、インターネットで育った人なら分かると思うんだけど、ネット上ではアイコン=アイデンティティ、みたいなとこ、ない?

 

長く使えば使うほど、実際会ってTwitterとかFacebookでつながると「あ!このアイコン見たことあります!」「あ!あの記事かいた人ですよね?」とか、そういっていただける機会が増える。そうすると変えられなくなる。このループ。

 

だからけんすうみたいにイラストにして認識してもらうのが1番理想。とはいえ今さらイラストにするのもなー・・・とも思うので、これからは5年置きくらいに変えていく運用を考えています。今どきの使い方としては、気に入った写真があればどんどんそれに変えていく、というのが多い気がする。でも自撮りとかやってる人おおすぎて逆にやるの恥ずかしい。

 

f:id:asami81:20171115130805j:plain

(当時は、はてなに自撮り写真とかあげてる女子がいなくて「アップしたら怒られるのかな?殺されるのかな?」という楽しさがあったからやってた感ある)

 

 

ちなみに、旧アイコンは2009年4月に撮ったもの。前髪切ったでー、のやつ。もちろんInstagramなんてゆうキラキラしたものはなかったもんでね。

しかしこうやって記録するのっていいなーとつくづく。ふつう前髪切った日とか絶対覚えてないけど、書いてると「ほほー8年前か」とか知っておもしろい。

 

もっともっとどうでもいいことをもっとインターネットに記録していきたい。Twitterが1番気軽だけど、やはり遡るの難しい。記録はブログが1番いいね。(って言いながら毎年数回しか更新しない)

 

で、新アイコンの写真を見て「初代アイコンみたいだな・・・」と思った人は相当の古参はてなーだな・・・?

 

f:id:asami81:20171115131250j:plain

これが初代。なつかしみ。なつかしみしかない。むしろ手元になくてネットで検索して見つけた。(当時nanapiで「溢れ出る庶民感」と話題になったナイロンガールズの記事から拝借)

 

これはたしか、しょこたんと同じカメラを買って嬉しくて撮ったんだ。ガラケーで。パカパカしない、スライド式のガラケーで。なつかしみ。。。

 

そしてこの記事の最初にアップした写真が、最新の。今は写真加工アプリで盛り放題の中、ライカ(Leica) で撮ってもらえて、それがとてもいい写真だったので決めた!ちゃんと目元のシワも残ってて、歳を重ねてる感も出てる。顔はほぼ出てないけどw カメラマンは、オシャな人はみんな知ってるPRESSというブログサービスをつくった溝口さん(やさいさん)。

 

 

 

やさいさんが、自分について記事をかいてくれたのも嬉しい。会ってきたシリーズ第一弾に選んでもらえたのも嬉しい。

 

PRESSはモデルとかインフルエンサーとかJKとか、とにかくかわいい女性が使っているサービスで、だからやさいさんが会う人もそういう人がたくさん。会ってきたシリーズもきっとそういう方が登場するから、第一弾だけ異端児すぎる結果がもう見えてる。ラッキー。ただの3児の母がいけてるモデルとかJKの中に交じるかんじ、いいよね。

 

で。そこで使われてた写真を、今後長く使うアイコンにさせてもらったよ。

 

 

タイトルは笑うしかないwww それ黒歴史なやつ。

 

やさいさんは、同僚に紹介してもらった人。魂震えるほどおもしろい人。きっと何年も何年も、ゆるく、長いおつきあいになるであろう人。

 

最近自分のメディアの知見をアップデートしたくて、最新のものを吸収したくて、同僚とか友人に「メディア関係の人紹介してほしい!会ってお話聞かせていただきたいです!」ってお願いしています。

 

わたしがやっぱりメディアが好きだからか、やさいさんだけじゃなく、メディアやってる人と話すとすごくおもしろい。超ロジックな人、超マインドフルな人、本質厨な人、特にメディア愛なんてもってなくて1つのツールと思っている人。

 

いろんな人がいて、みんな正解。何を大事にしているのか、どこを見ているのか、自分と同じだと「そうそうそうですよねーー!!!」ってなるし、違ったら「そういう見方があるのかーー!!!」って楽しいし。

 

今まで6年くらい在宅で働いてて、子育てして、好きなことして、それはそれで楽しかった。でも今は東京に来ていろんな人と会うのが楽しくてたまらない。やはり、人は人と接することで成長が加速すると思う。わたしは毎日のように価値観が変わって、この歳になってもまだ成長していることを感じることができて嬉しい。

 

というわけで、東京移住の感想はまた2年以内には書きたいと思います!(意思が弱い)