人生初の高熱


f:id:asami81:20150420210232j:plain

サキ。4/18で1歳3ヶ月になったその日、人生初の高熱。39度。


ご機嫌だし元気だし、でもいつもの旺盛すぎる食欲がない。そしてお昼寝がえらい長い。なにかおかしいぞ、、、あれ、熱いぞ、、、と。スタート。


4月から保育所が始まったので、なにかいただいてきたかな。元気だったから今日の月曜日まで受診を待ち行ってきた。


もしかしたら突発性発疹かもね、ということで熱が引くまで様子見。突発性発疹は早めになるほうがいいと聞いたことあるし、そうだといいけど。


女の子は、男の子よりも強いよ〜、なかなか病気しない。ってか男の子が弱い!すぐ熱出しやがる!!!


という話をルイのときから聞いていて、でもルイはまわりの男の子に比べると強いほうかなーって思ってた。それでも0歳児から3ヶ月に1回くらいは高熱で、生後7ヶ月で謎の高熱が続き入院。


サキが産まれて「あの都市伝説は本当かもしれない…」と思ったね。全然熱出さない。超元気。私たち両親からプレゼントしてしまったインフルエンザもルイが先にかかり、サキは熱を出すことなくタミフルで完治(検査で陽性は出たが無症状)。



というわけで今回は今まで頑張った御礼も込めて気長に付き合おう。こういうとき、在宅勤務だと本当に救われる。


ほぼフリーランスみたいなもんだから、やらないだけ収入は減るけど、今は子どものために仕事頑張れるってことは、子どものために休んだっていいという考えができるようになった。


たぶんこれは、夫に一家を支えられるだけの収入が安定的に入ってきたからだと思う。昔の(一家を養っていた)わたしならこんな考え方はできなかった。お金の安定は精神の安定につながるんだなーとつくづく。役割分担すばらすぃ。


ただ、我が家の「安定」は目先1年くらいしか見えなくて、それ以降はどうなるのか誰も分からないという点。相変わらずサバイバルだけど、数年前よりはいろんな武器を装備し始めたからなんとなく大丈夫かなーと思える。夫が楽観的すぎるのでたまに忘れるけど、私も相当楽観的なのかもしれない。

ひとが否定されないルール

f:id:asami81:20150417102823j:plain


図書館が近くなり、先日行ってきた。なんとなく見つけたこの本。あとで知ったけどNHKで特集されたりと有名な方らしい、脳障害と共に生きる日木流奈さん。


本の内容がとても良くて。いろんな育児書を読むけど、どれも大人が書いた、大人目線であることは否めない本たちなので「本当のところはどうなのかなぁ」という感想は少なからず残る。

でもこれは12歳の流奈さんが書いたわけで、子ども目線でのいい大人というのが書いてある。子どもと接する際、見られている点、大事にしなくちゃいけない点がわかる。

嘘をつかない、ごまかさない、相手を信頼する、試さない、強制しない、常識にとらわれない。

こういうことは文字にすると、気をつけて当たり前のように感じるけど、大人は相手が子どもだと、特に我が子だと気が緩みがちなのかもしれない。気をつけよう。


本の中で、感動したり感心したり心打たれる文章を挙げていくとキリがない。育児教育として、人としてとても学べる点が多くあった。


ほぼ読み終わった頃、ふと日木流奈さんは今現在なにか活動されているんだろうか、という疑問をもつ。1990年生まれということなので現在25歳くらいかな。


さてさて、なんといい時代、すぐに手元のスマホで調べる。



・・・うーん、なんか雲行きがあやしい。



ネットの情報を全て鵜呑みにしてはいけないことは今まで生きてきて分かっているつもりだけど、どうも私の感動がどうしても薄れてしまう動画を見つけてしまった。



この動画を見る限りでは、どうしてもお母さんが無理やりやっているように見えてしまう。。


もしかしたらいろんな事情があるかもしれないし、本当に流奈さんがやっているのかもしれない。彼は脳障害児で、健常者が思う「文字を伝えるにはこのような動作」と違う動作ができないかもしれない。実際に本にも「やりたいことと動作に矛盾がある。反対のことをやってしまうこともある」というような記述がある。


とはいえ、本当のところはどうなんだろうなぁ…この本も本人が本当に書いたのかなぁ…という思いが正直でてしまう。


わたしってば、やーね。心がきたないやーね。


まぁ、よく考えたら本当だと信じ込む必要も、嘘だと信じ込む必要もはないから「いい内容の本だった」としてだけ受け取ろう。


本に書かれているように、愛されてるなぁと子どもが感じてくれるような親になりたい。他人と比べるよりも「昨日の自分より今日の自分が優秀であればいい」と教えてあげたい。





イチロク

高校1年6組。そこまでめっちゃ仲よかったわけじゃないはずが、なぜか定期的に集まるメンバーがいた。なんとなく「毎月集まれたらいいねー」と。「また飲みにいきましょう」的な、そんなこともできたらいいね、たぶん無理だろうけど、みたいな約束。


それが17年間続いてる。あ、18年かも。その名はイチロク。


もちろん今は毎月ではない。大学の4年間くらいは毎月してた気がするけど、さすがに社会人になったりするとそう予定も合わない。


私も含め、留学したりするメンバーがいて、その間は半年〜1年空いたりもした。でも、なんだかんだまだ続いてる。今は2〜3ヶ月に1度くらいで集まる。

過去にはそれなりにいろいろあった時期もあり、メンバーが1人減ったりもした。今は5人。奇数という中途半端な数。だけどたぶん絶妙にマッチする性格同士なのだろう。ベタベタする仲良しでもない。なんとなくいい距離だから17年もやってこれたのかな。


今日はうちの家に全員集合。気づいたら、みんな勝手にエプロンつけて、唐揚げとポテトサラダとハッシュドポテト作ってた。ピザは夫が取りに行ってくれた。食べ物の趣味も、夫よりずっと近い。


なんという居心地のいい空間なんだろうと思った。


「こんなこと言ったら嫌われるかも」とか「こんなこと言うと嫌な奴とか思われるかな」とか、一切考えない。1ミリも。たぶんそんな時期はとっくの昔に過ぎ去った。


そんな関係はやっぱりとても貴重で、これが宝物かーと思った。


旅行には行ったことがないので、近場でもいいからみんなで行けることが今の夢。

泣きセラピー

f:id:asami81:20150406234010j:plain

新しい保育園が始まって4回目の登園。まだ慣らし保育中なので時短だけど、お兄ちゃんクラスのルイは、やや長めに預かってもらった今日。

ルイは(家以外では)(両親のどちらもいなければ)どこへ行っても良い子だね〜と言われる。

今日も保育園の先生から「初めてのお昼寝も嫌がらずすぐに寝転んで目を瞑ってました。牛乳も頑張って最後まで飲みました!」と言われた。

家では絶対にお昼寝はしない、寝ころぼうともしない、牛乳なんて一口で終わり。

つまり、がんばっている。小さな身体で集団生活をがんばっている。


そう考えただけで泣きそうに。。。


心配するほど何かを我慢してる感じではないけど、がんばっているのは確か。以前なにかの本で読んだ「泣きセラピー(正確な名前は忘れた)」を寝る前に実行。


「ママと離れてさみしかった?」
「ほんとはママとずっと一緒にいたかったよね」
「いっぱい我慢したね。がんばったね」


など、本人が我慢してそうなこと、頑張ったことを代弁し「泣いていいよ」という行為が心のケアに良いらしい。


ルイは上記の質問に静かにうなづき、うえーん!うえーん!と、、、嘘泣きをしてた、、、笑

嘘泣きでも効果あるのかな、、、


少しでも「オレのがんばりを分かってくれてる!」となったら嬉しい。「なに言ってんだこのBBA!」ってなってるかもしれないけど。


最初の写真は「かぜと!たたかってきた!」だそうな。萌えるわー。

幸せなお花見@京都


f:id:asami81:20150405232347j:plain

昨日は京都へお花見。友人の会社のイベントとして家族で招待いただいた。

f:id:asami81:20150405231618j:plain
f:id:asami81:20150405231648j:plain
f:id:asami81:20150405231700j:plain
f:id:asami81:20150405231717j:plain

桜がきれいに見えるお店でフレンチのコース!写真以外にもたくさん出てきた。

お店がほぼ貸切状態だったので、小さい子どもが一緒でもそれほど気を遣わず済んでよかったー。もちろんゆっくりは食べられなかったけど。

なにより桜を見ながらフレンチだなんて、この私が経験したことはないわけで。しかも名所、京都〜。嬉しかったなぁ。


f:id:asami81:20150405231743j:plain
f:id:asami81:20150405232303j:plain
f:id:asami81:20150405232448j:plain

そのあとは鴨川でお花見。スタッフの方が朝から場所を取っていてくれて。ありがたすぎる。

颯爽と現れた宝ジェンヌは、まさかのイタ飯屋さんの営業だった。宝塚劇場にもこの格好で観に通ってるらしい。ちなみに男性。

雨にもまったく合わず、お天気にも恵まれてよかった。子どもたちもいろんな人に遊んでもらえて楽しそうにしてた。幸せなお花見。



ウエストポーチ

夫が以下の要望を言い出し。  

 

 

  • iPhone6プラスと財布がはいる小さなカバンが欲しい
  • リュックを背負ってるときも身体のどのかにつけられるものがほしい
  • ウエストにつけるバッグなら縦型とかお尻あたりに触れるものは身体が歪みそうになるから嫌    

 

要望をすべて叶えるのは「お腹のど真ん中にウエストポーチをつける」ということになりました。

 

THE OTAKU ファッションですね。    

 

なるほどだからあの方々はウエストポーチなんだ!!!!と気付いた今日この頃。合理的!

 

 

ただまぁいわゆるウエストポーチはちょっと家族会議で否決されたので他を探してみたところ、  

 

スマホ 用 横型 ウエストポーチ ( 便利な横型 2 ポケット Black  / カラビナ 付 ) 外形 18 x 11 x 4.5 cm (  iPhone 6 plus も収納 OK  )  通勤 スポーツ ゴルフ 旅行 に最適な スマホポーチ ( イヤホン 収納用 黒 ベルベット 小袋 同梱 )  アイホン6 plus ケース iphone 5s ケース ウエストバッグ  iphone 6 ケース アイホン5s ケース アイホン6 ケース iphone 6 plus ケース ウエスト スマホポーチ メンズバッグ XPERIA Z3 アイホン6プラスカバー galaxy S5 ケース AQUOS アイホン6plusケース アイホン6plusカバー ブラック ( 横ポーチ 2袋 黒 )

 

 

これなら要望かなえられそう。

 

OL時代、スーツのおじさま方がこういうのつけてたなぁーって思って、これを見つけたとき画面見せる前に夫に  

 

「ほら、サラリーマンがスーツに隠す感じでつけてるやつ、ああいうのあったよ」  

 

 

って言ったら   「ああ、肩に隠してつけてるやつ?」   って。

 

 

おいそれ拳銃のことちゃうか。あぶない刑事的な。

 

ホワイトデー 2015

結婚してこんなに豪華なホワイトデーのプレゼントは初めてなので記念メモ。

 
f:id:asami81:20150316004226j:plain
 
f:id:asami81:20150316004127j:plain
 
Apple TV はどさくさにまぎれた感たっぷり。(夫が前から欲しがっていたもの)
 
 
エアクリエ、なかなか良い。フットが特にお気に入り。
 
 
左右交代でやらないといけないので両足同時に気持ちいい!とはできないけど、その分ほかのフットマッサージ器具より安かったらしい@ヨドバシ梅田
  

 

 

 

日立 エアマッサージャー ブラウンHITACHI エアクリエ フット HK-F200-T 嫁のストレスが減ると自分もストレスが減る、ということをうちの夫はよく知っている。
日頃、そりゃあ色々あって文句言いたいこともあるけど、こうやって喜ばせようとしてくれることが嬉しい。