読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iGirl

主な登場人物:ルイ(5歳,男)・サキ(3歳,女)・ユリ(1歳,女)・夫(33歳,男)

振り返ればヤツがいる。

diary
スポンサーリンク

昨夜このタイトルでメールをくれた友達がいて、「そういやこうゆうヤツいたよなあ」で思い出す人がいる。

それがツヨシ。

私は大学生時代、お好み焼き屋さんでバイツしてました。
ある日、お客さん(ツヨシさん・仮名♂)に

なんやこれ!!おい!!!!おこのみにこんなもん入ってたやんけ!!!!

と、よくあるコワイ関西弁で言われ、
飲食店ではあってはならない異物混入事件だ・・・
と、ビクビクしながら、半泣きになりながら、その分半笑いになりながら、
申し訳ございません・・・・。

私はその異物を、怒り狂うツヨシから紙ナプキン経由でいただき、
一体何が混入してしまったのか、じっくり見てました・・・・

それはなかなかのデカサのブツなのです。

「小石・・・・?いや・・・これは・・・・・・・・

これは・・・・・・・・・


奥歯だ。」


なんと大阪名物・天下のお好み焼きに、哺乳類の奥歯がトッピングされていたのです。

ワケがわからなかった私は、なぜかそのとき、
「あ、今日メチャイケのビデオ録るの忘れてた!!」
ということを思い出し、近くにいた社員さんにその場を預けようとしましたが無理でした。

「あの・・・当店で奥歯のトッピングありました・・・?」
なんてことはヤッパリ聞けず、謎が謎を呼ぶ展開となったのですが、
よく考えてください。
ツヨシはこの異物を、自らのクチに一度いれ、そしてそれを吐き出し、
ワタシに譲渡しました。。。。。


そうです、哺乳類の正体は、ツヨシ本人だったのです。


比較的柔らかい食物であるお好み焼きを食べ、
ツヨシの奥歯は灰となりました。ツヨシの奥歯は意外に弱かったのですね。

それを告げるときのワタシの勇気と、
それに気づいたときのツヨシのあのやるせない笑顔

・・・・忘れられません。



以上、振り返ればヤツがいる。