iGirl

完全に思いつきで書いています。

サンタ業を始めたのはいつ頃?と友人から質問があったので回答

スポンサーリンク

サンタに転職を検討したのは長男1歳のときからです。それは「しまじろう」の定期便オモチャをクリスマスプレゼントにする、ぐらいの温度感でした。

 

【追加】25日、Facebookがで8年前(長男1歳)の写真をリマインドしてくれたけど、しまじろうじゃなかったw しまじろうは誕生日にあげたんだったかな🤔

f:id:asami81:20201225090540j:image

f:id:asami81:20201225090545j:image

当時息子はもちろんなんのこっちゃわかってないのですが、将来見せるための写真のためだけにやりましたね🤶

 

本格的にサンタ業界に足を踏み込んだのは長男が3歳ぐらいですかね〜リクエストのプレゼントを導入。

 

自動的に下の子達は1歳から経験することになります。ただ、去年あたりに気づいたんです。

 

「小学生がリクエストしてくるプレゼント、高い。」

 

2019年、リクエスト制を撤廃しました。

 

「欲しいものを何の説得もプレゼンもせず、ただ願うだけで持ってきてくれる大人がいる」というのは我が家の方針に合わないわけです。子ども3人いるので1人あたりの予算が高いと、サンタ業も廃業してしまう。

 

というわけで、新体制のサンタ。「クリスマスプレゼントはサンタが選ぶ」「サンタの気まぐれプレゼント」が始まりました。

 

普段誕生日くらいしか物を買わないので、欲しいものは親から渡す、親にどんなものが欲しいのか、なぜ欲しいのかを説明・説得・プレゼンテーションするという仕組みです。

 

今年は長男(9歳)がリングフィット(やっと定価で買えるようになってて助かった!)、サンタからはミニオンズのパズル。

 

長女(来月7歳)が親からのプレゼントは目覚まし時計、サンタからはドラゴンボールの漫画と文房具(ドラゴンボール大好きっ子)

 

次女(5歳)がプリキュアのコスチューム、サンタからはプリキュアの着せ替えセットおもちゃ。


今回は、長女がどこで仕入れた話なのか「サンタさんね…じつはおばけなの。壁をすり抜けてくるんだって…そしてね、クッキーと牛乳を置いておくと食べてくれるんだって…!!!クッキー作りたいな?」と。

 

かわいい。

 

f:id:asami81:20201224231743j:image

というわけでケーキデコレーションしたあと、クッキー焼きました。スポンジも生クリームも市販だと、だいぶ体力残るのでクッキーもいける!味よりも体験を重視したクリスマス。

 

f:id:asami81:20201224231827j:image

>さんたさん このおわつをたべてください

>きてくれてありがとうございました

 

長女の真似をしながら次女が書く手紙も味があって良い。最近すごい字に興味もつようになってたくさん謎の字を書いている。

 

サンタさんからお手紙の返信あると思うから、明日喜ぶといいな〜〜

 

クッキー今からいただきます。