iGirl

主な登場人物:ルイ(5歳,男)・サキ(3歳,女)・ユリ(1歳,女)・夫(33歳,男)

ハワイ12日目 カハラモール(Kahala mall)に行ってきたの巻

スポンサーリンク
f:id:asami81:20160530165036j:image

サキが「ママのアーホー」「ママのアーホー」ばっかり言ってくるもんだから「アホちゃいまんねんパーでんねん」と、2歳どころか20代に通じるかも疑わしい古き良き日本語のフレーズを返していたら「ママのアーホー」じゃなくて「ママのiPhone」だと気づいた時の私の顔。「ああぁあ〜!!そっち?!」って、フェルマーの最終定理解けた人も同じ顔してたと思う。

(関係ないけど数学ができない私ですら好きな「フェルマーの最終定理」(本)だけど、証明が発表された講義が始まったのは私の誕生日でなんか運命的なものを感じる。)

♡カハラモール(Kahala mall)に行ってきた

そんなわけで今日は初めてカハラモールに行ってみた。ワイキキビーチとホノルル動物園の近くにある滞在先からみると、アラモアナセンターと逆方向、ダイヤモンドヘッドの向こう側にあるショッピングモール。


ネットで調べると高級住宅街にあって、かの有名なホールフーズマーケット(WHOLE FOODS MARKET)があるとな。


バスやトロリーでも行けるけど(追記:トロリーだとこのチケット買ったら行ける。2ドルはピンクラインだけだった→Tickets & Passes | Waikiki Trolley | Fun and Affordable Way to Experience Honolulu)、ベビーカーあるし、揺れるし厳しいな、ということでUber。ほんと便利。


が、片道28ドルかかった。たけー。3000円は高いよー(涙


日本でいうと何だろな、ららぽーと甲子園行くためにタクシーで3000円払う、みたいな?


ありえねー!!!


この「日本で例えると何」シリーズ、自分でも止めたいんだけどね。何度考えてもワイキキが日本で例えられないし。誰かが言った「大自然の横に六本木があるみたいな街」というフレーズ、まさにそう。


ただねー、どうしても例えちゃう。性。サガ。わたしの、性。


初めて友達と2人だけで行った東京、当時19歳。名古屋あたりから「この駅は大阪で例えるとどこか」という会話が始まり、山手線に差し掛かった私たちは東京の大都会さを見せつけられる。


「東京→新大阪」
「神田→江坂」
「秋葉原→日本橋」
「上野→天王寺」
「巣鴨→天満」
「新大久保→鶴橋」
「新宿→梅田」
「代々木→福島」
「原宿→心斎橋」
「渋谷→梅田」
「恵比寿→梅田」
「目黒→梅田」


梅田、多っ。


30センチ定規の「30」部分、私たちの「梅田」。それをはるか超えるサイズを測る術を当時は持ち合わせてなかった。


・・・って、なんの話やこれ。ハワイまで来て何の話してるんや?!


とりあえず、今日も何も無くさなかったのでよかった。iPhoneをスタバのレジに置き忘れたけど、店員さんが走って持って来てくれた。ハワイ最高っ!


感想としては、私はカハラモール、もういいかな〜、行くのは1回でいいかな〜と思った!特に欲しいものがないからだけど。大好きな CINNABON があると思ったら閉店しちゃってたし。(アラモアナにはある)


あと、ちゃんとした授乳室がないのがキツイ。Macy'sの人に聞いたら2階にソファがあるトイレがあると教えてもらったけど2階に行くエレベーターがどこか分からず。横に広いわりに案内表示が少なくて疲れすぎた。


♡夫、帰宅

さきほど夫がNY→ボストンからの、ハワイへ帰還。というわけで、母1人子3人生活 in Hawaii は本日をもって終了〜!全員病気もせず怪我もせず1週間を乗り切れてよかった!!!えらいぞ私!


ハワイに来て波乗り(サーフィン)してないけど、子育ての波乗りはだいぶ成長した感ある。子育てはサーフィンに似てると常々思う。海と同じように子どもは思うようにいかないし、波に逆らっては自分が倒れてしまう。うまく進むためには波に乗るしかない。逆らわず、逃げず、慌てず、力を抜いて。


以上「海に例えたら何でもかっこいい」メソッドをサーフィン経験ゼロの私がお送りいたしました。


また明日〜!


♡Instagram日記


広告を非表示にする