読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iGirl

主な登場人物:ルイ(5歳,男)・サキ(3歳,女)・ユリ(1歳,女)・夫(33歳,男)

保育園の空き状況は市役所ではなく保育園に直接問い合わせがおすすめ

子育て
スポンサーリンク

お腹が空いたらスニッカ〜ズ!!!!!!


もし彼が成人なら「そんなんばっか食べてるからそんなに丸いんだよ!!!!」と怒られるレベルですね。今は食べられもしないスニッカーズの何がそんなに嬉しいのかは謎です。


さて、そんな丸い息子ですが、6月から認可保育園*1の入園が決定しました!わーいわーい!

今現在、5月中は認可保育園が行なっている預かり事業(一時保育)でみてもらっています。事前に予約してその都度保育園に料金を支払うかたちです。申し込みも保育園で行います。一時保育は、両親共が働いてなくても預けられます。リフレッシュとしてや、病気で育児ができない時などに利用できます。

このように、一時保育は保育園と直接やりとりですが、認可保育園の正式入園というのは市役所に申し込みをします。支払いも市役所に行います。

正式入園の家庭は両親(ママ・パパ)両方が働いていることが証明できなければ入園できません*2。そして噂によると、入園決定は点数制で、祖父母(ママ・パパの親)が近くに住んでいたり仕事をしていなかったら点数が低いとか、いろいろあるみたいです。母子家庭は点数が高く、優先して入園できるようです。

入園すると基本月曜〜金曜日(仕事がある場合は土曜保育も可)みてもらえるわけですが、待機児童というのが問題になっている昨今、なかなか入園できないといわれています。
私が住んでいる地域も、インターネットで調べてみると「激戦区」と書かれていて「第1希望に入れるのはまず無理」とか。でもネットだけを信じてはいけないと思い、市役所に聞いてみようと思いました

そんな市役所に電話して聞いても「その地域は希望者が多いので、ゼロ歳児でも厳しいと思います」「◯◯保育園、△△保育園、ゼロ歳児クラスでもいっぱいです」と言われたので、空きがある保育園を探さないといけないなーと思っていました。

ちなみに、いま一時保育をお願いしている認可保育園は◯◯保育園です。↑で市役所に問い合わせていっぱいだと言われた保育園です。

園長先生に「市役所に電話して聞いたんですが、正式入園は難しいみたいですねぇ。」とお話したところ、「ゼロ歳児クラスならまだ空いていますよ。」と教えていただけました。

あれ、市役所に聞いたらいっぱいと言われたのに・・・。園長先生もちょっと困った顔で「市役所の人は現場をちゃんと分かってないですから・・・」と言っていました。

私はこれを教えてもらえていたので、第一希望の◯◯保育園を、市役所の人に「ここ、いっぱいですよー」と言われながらも第一希望に書いて申し込みをし、合格?して入園できることになりました。

ちなみに、市役所の人にも「園長先生に空きがあると言われたんですが」と言ったら「申し込みは市役所に行うものですから、園長先生が希望者全員の数を把握されてるわけじゃないと思います」と言われましたw なにこれ現場VS管理職ドラマ?!なんか踊る大捜査線を思い出しますね。

ともあれ、わたしの場合は直接保育園に聞いていなかったら、市役所の人に言われるがまま、第一希望ではないけど、空きがある保育園を優先して見学して決定しまっていたかもしれません。友人にも「働きたいけど、市役所に聞いたら保育園がいっぱいで入れないって言われたから諦めてる」と言っている人が何人かいたので市役所に言われたことが正しいと思い込むことはよくあるみたいです。

どの親御さんも、数ある保育園の中からまずは見学をして決める、という流れになると思います。その「どの保育園を見学しよう」と考えたとき「いっぱいで入れなかったら見学しても意味ないし、空きがあるところを見学していこう」と思う人も多いのではないでしょうか。

その空き状況、市役所にまとめて聞くのではなく、各保育園に直接電話して聞くことをオススメします!

電話することは保育園チェックの1つとして、電話対応はしっかりしているか、電話にはすぐ出てくれるか(保育士だけでなく事務担当の人はちゃんといるか)をチェックすることもできます。

初めての保育園、親もドキドキしますが、保育士さんたちは本当に子供大好き!!みたいな人たちなので少し安心しています。保育園のお部屋は家より断然安全だし(あぶないものがない)広いし。はいはいが楽しい時期みたいなので、広いお部屋でいっぱいはいはいしまくれ息子よ〜!

*1:今回、認可保育園についての内容ですが、あくまで私が住んでいる自治体のお話で、よその地域の方は同じかどうか分かりません。でももしかすると一緒かもしれないので保育園入所を考えている方、お試しくださいませー。

*2:申し込み後ある一定期間の間に就職する制約で申し込みは可能の場合があります