読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iGirl

主な登場人物:ルイ(4歳,男)・サキ(2歳,女)・ユリ(0歳,女)・夫(32歳,男)

知らないと損する日焼け止め(長文追記あり)

cosme 役に立つかもしれない
スポンサーリンク
  • 2014/06/30追記:リンク切れだったものとか修正しました。どうでもいい前置きが長いのでお急ぎの方はスクロールして「おすすめの日焼け止め」までお進みください。
  • 2012/08/06追記:この記事は2008年の記事で少し情報が古いため随時編集していきます。読みにくい部分を削ったりもしています。また、2008年のときよりも随分と肌の負担を減らす日焼け止めが増えているので、長い記事を読みたくない方は、楽天市場やAmazonで「日焼け止め ノンケミカル」などで検索していただくと良いかと!(楽天市場での一覧
  • 読む前のご注意とお詫び:肌に合うか合わないかは当たり前ですが個人差があります。こちらの記事はあくまで私が良いと思ったことを書いております。ご紹介している商品がすべての方に合うという保証ではありませんのでご了承ください。商品への詳細な質問は各メーカーにお問い合わせください。なお、コメントへの個別のお返事は現在行っておりません。申し訳ありません。

どうでもいい前置きと、仕入れた日焼け止めの知識


タイトルはホッテントリメーカーからいただきました!*1

さてサマー!夏ですね!サンバーンですね!ガングロしてますか!私はシミを求めていないので白で頑張ります!

と、いうわけでいきなりですが本日は日焼け止めのお話を。ここ最近会った女性に「日焼け止め何つかってる??」と聞かれたのでここでまとめてみます。

わたしは日焼け止めは資生堂とかKOSEとかあまり大手のものは使わないようにしています。大手にはもちろん大手の良いところがあるんですがイメージだけが先行してしまう傾向があったり、やっぱり広告費にお金かけすぎていると思うので、イメージよりも成分やその会社の姿勢で選んでいます。

☆日焼け止めへのこだわり(こだわり、というほど大袈裟でもないけど)

  1. 高級なものは使わない・・・もったいなくてちょびちょび使っちゃって意味ないことになってしまうから
  2. (ほぼ)全成分表示をしている・・・会社の姿勢(誠意)はここで見える気がしてます
  3. 雑誌や広告ではなくて専門家が評価しているものを使う・・・石鹸、洗剤、化学製品、化粧品の研究をしている人の著書などを読んでイメージに踊らされない知識をつける

と、いっちょ前のことを言ってみたけど、合う合わないは人それぞれなんで強制するつもりはございません!そんな感じで読んでくださいませ。


まずは日焼け止めの知識を少し。

http://www.forvadis.com/

大人が夏の日差しを浴びた場合、紫外線B波のよってお肌にサンバーンが起きるまで普通平均で約20分の時間がかかるといわれています。その時間を何倍ぐらい延ばすことができるのか、それが日焼け止めのSPFの数字です。

http://www.forvadis.com/000003.html

毎日使う日焼け止め化粧品は、SPFの数字も大事ですが、紫外線吸収剤を含まない肌にやさしい日焼け止めをなるべく選びましょう。「紫外線吸収剤不使用」または「ノンケミカル」と表示されています。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違い

■ 紫外線散乱剤とは
散乱剤を使った日焼止めは、白っぽくなったりメイクの仕上がりが重く見えることもあり利便性にはやや欠けるのですが、吸収剤よりお肌への負担は少ないので、やはりお肌の弱い人には散乱剤の方がおすすめ。「吸収剤無配合」「ノンケミカル」と表示されているので、選ぶ時は気を付けてみて下さい。

■ 紫外線吸収剤とは
紫外線吸収剤は、紫外線を吸収すると熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出し、紫外線の皮膚への浸透を防いでいます。この化学反応はお肌に負担を与えるので、SPFの最大値も50と決められています。吸収剤は高いSPF値を簡単に出せるのです。

「白くならないよ!」とうたっている日焼け止めの多く(ほとんど)は紫外線吸収剤を配合しています。白くならず使いやすいのでクチコミでも「イイよ」と評判になったりしますが、その分肌に負担があって長期的に考えればシミ・シワの原因になることもあるということを知っているのかなぁ、と。ネットのクチコミサイトとかも上位にランクインしてるのはそうゆうものだったり・・・紫外線吸収剤配合なのに「低刺激」って書いてるのがたくさんあるの>< 私は科学者でも専門家でもないけど日焼け止めは「使い心地」だけで選ばない方がいいんじゃないのーっておせっかいを焼いて今回このエントリを書いたわけであります!

そろそろ今まで使ってきた化粧品の結果が肌に現れる年齢ですが、比較的シミは少ないです。資生堂でメイクの仕事してる友達に「シミすくなっ!」って言われたんだ(・´з`・) 。「すっぴん写真アップしろ」はイコール裸の写真アップしろって意味なので言っちゃらめだよ!卑猥だよ!(2012/08/06追記:ちなみに今は31歳ですが、おかげさまで比較的シミは増えていません。)

世の女性にできるだけ早い年齢から気をつけて欲しい!毎日つけるものはイメージだけに踊らされないで欲しい!でもasami81ごときにも踊らされないで欲しい!ってどないやねん!


んなわけで、私的な結論は以下のとおり。
・紫外線吸収剤無配合(=ノンケミカル)のものを使う
・数字を上げるより、つけなおす頻度を上げた方が日焼け止め効果は高いし肌に優しい!

私は昼休みに「お昼の肌メンテナンスタイム」をつくっています(5分)。コットンに美白効果のある化粧水を含ませ、軽くなでるように顔全体をふき取る(メイクをしている目、眉を除く)。そのあと保湿クリーム(私はエバメール)をつける。そして日焼け止め→パウダー(お粉)、で完成。

理想はこれを退社前にもやることですね!4〜5時間に一度肌メンテナンスをしてあげるだけでかなり美肌になりますよ!毎日がっつりメイクしている女性には難しい話ですが。。。

でも、メイクで肌をキレイに見せるより、持ち肌を餅肌にしたほうが結果的に時間もお金も節約できると思います!男ウケもするよ!*2美肌には厚いメイクは大敵で・・・とくにファンデ。リキッドファンデの量を少しずつ減らし、パウダーファンデに切り替えて、最終的にはファンデなし(お粉のみ)にすることをオヌヌメします(^ω^)日頃のメイクは薄いものに変えてみてはどうですか(^ω^)私は目もとは濃いですが、肌はできるだけ薄メイクにするよう心がけております(^ω^)


・・前置きなげぇ!!!

というわけで以下、お薦め日焼け止めたち。もちろん基本 全て紫外線吸収剤無配合さ!オラはこれ以外使わねー!

おすすめの日焼け止め 女性に一番薦めるのはこれ!

  • (2009年7月 ちふれの新しい日焼け止めがめっちゃいいので一部修正・追加しました!)
  • (2015年6月 商品へのリンク切れがたくさんありましたので修正しました>< また切れてたら、お手数ですが商品名で検索くださいm(__)m)
ちふれ サンスクリーンミルク UV マイルド 30ml

2009年発売の、ちふれの日焼け止め。さっそく使ってみましたが、超いいのでオススメ一番はこれに変更。(この記事、最初は2008年に書いたのです)

日常生活なら「SPF33/PA++」の白いボトルのほうで充分かと思います。紫外線吸収剤無配合でSPF33は超ウレピイです。のちほど紹介するちふれの他のもの(水・汗に強いクリームタイプちふれ UVサンベールクリーム(WP)N 50g)よりベタベタしない&白くならない。

ハイムv モイスチャーベース

f:id:asami81:20150630142334p:plain

派手な広告なし、良い商品・全成分表示の優良企業・・・だったのですが一度倒産(収支が合わなかったのかな・・)。嬉しいことに復活してくれました!
個人的には「ちふれ」より好きだったりします。ただ、なかなか売っているお店がないのが辛い。
合成洗剤が人体に与える影響を研究している人が「ハイム」の化粧品製造に関わって肌に良いものを作っている、というのを昔何かの本で読んだ記憶があって。随分前のことだからその研究者の名前も本のタイトルも忘れたけどorz もちろん「ちふれ」もいろんな本でオススメされているメーカーです。

ちふれ UVサンベールクリーム(WP)N 50g

しっとりしたい人はやっぱりこれはオススメ。私自身この日焼け止めは5本以上使っています。乾燥肌の人にはこれがお勧めかもしれません。油分が多い肌の人にはベトベトしちゃうかも。

男性に一番薦めるのはコレ!

まずオススメしたいのは同じくこの2つ。ベタつくのが超ニガテ!という人には後ほど別のものを。

水・汗に強いクリームタイプちふれ UVサンベールクリーム(WP)N

塗ったときは少しベタつきますが、ウォータープルーフ(WP)なので汗かき男子にいいかと。


オゾン層が破壊されつつある昨今、皮膚ガンを防ぐためにも男性だって日焼け止めしたほうがいいんじゃないかしら。(オゾン層と紫外線が関係が強いかはよく分かっていませんが!すんません!)

体にもガンガン使うのでワンシーズンでなくなること必須。体に塗ったあとはボディ用のパウダーで抑えるとなお良し。安いし気つかわず塗れます。オイリー肌の人はベタつきすぎちゃうかもしれないので、キッズ用にオススメする『ナチュロン UVクリーム』のほうが合うかもしれませぬ。ちふれは店員さんがいるお店なら試せるので不安な人は試してみてくださいな!*3

(ここ追記)肌がつよい、というか日焼け止めとか化粧品で肌荒れしないよ?という方はこのブログのTBで教えてもらった「ニベア サンプロテクト ウォータージェル」がいいかと思います!

他の日焼け止めと何が違うかというと、ベタベタ感が断然ない。ほんとに化粧水をつけた感じです。アットコスメでも評価が高かったので私も買って使ってみました☆

感想は・・・つけやすい!・・・んだけど、、、顔につけて、その上からパウダーをつけると 次の日スポンジがカピカピになっていてちょっとこわくなりw(ちふれではこうならない)、旦那がつける用にしました。(注意:スポンジ、パフはできるだけ毎日洗うのがいいです・・・できてないけど><)
肌荒れとかあまり興さない、ノンケミカルとかどーでもいいよー!とにかくベタベタしないものをお探しの方にはオススメです。

ポンプが俄然使いやすい。

キッズに一番薦めるのはコレ!

パックスナチュロン UVクリーム


お店によっては「子供用」というカテゴリで売られています。それぐらい肌には優しいということ!化粧下地にもなる、と書いてますが、私は下地としてはあまり使っていません。ちょっとかためで「ぬりやすい」とはちょっと言いがたいです。

化粧下地としてはあまり優秀ではないと思います。ファンデーションとの相性によるかな。大人の女性には少し保湿が足りないと感じる人もいるかも。石鹸で乳化させてるため、一般の日焼け止めと使い心地が違いすぎて最初はビックリです。でも慣れたら大丈夫。一応ここではキッズにオススメにしました。ほぼスッピンで日焼け止めしか日常ではつけないよって人にはむしろ良い!なんといっても、テカらない!

ベビーにはコレ!

パックスベビー UVクリーム


赤ちゃんにも、さっきの「ナチュロンUVクリーム」を使えるのですが、ベビー用というのが欲しい方はこちらがオススメ。わたしは2011年7月に長男を出産したのですが、生後すぐでも出かけなくちゃいけない時はこちらを使用してました!

ボディクリームも使ってます。UVクリームは固めでのびが悪いのですが(これはノンケミカルの特徴でもありますね)、ボディクリームはのびがよく、マッサージしてあげながらぬっています。


海や山へ行くときは!

(この部分は2014年6月に修正・追記)

オフィスレディーさんはそれほど数値の高いものをつける必要もないと思い、低めのもの(私が使っているもの)を紹介しましたが海やハイキング、長時間太陽の下にいるときなどは数値の高いもののほうがいいと思いますやっぱり。

以前はここでも数値が高めのハイムを紹介していましたが、どうもハイムは買いにくい。Amazonにあっても売り切れだったりするので、ドラッグストアでも買いやすいものに変えました。

キュレルです。超乾燥肌の友人が「キュレルを使ってめっちゃ肌が変わった。19歳のときに肌診断して40オーバーだったのに今(20代後半)は歳並みになれた)と言っていたので試してみました。私には基礎化粧品(化粧水・クリーム)は劇的に良いと感じませんでしたが、日焼け止めは良かった!乾燥しない。結構長時間潤ってる感じです。

このように「ちふれ最高!」と思っていても、度々ほかのものを使いたくなる・・・それがコスメ愛・・・。

超余談ですが、テレビで「ものすごい売れてる」とやっていた石澤研究所のUVクリーム。私には合いませんでした。結構前に使っていたので細かい使い心地は忘れましたが、乾燥すると思った記憶。リピートせずに現在にいたります。


が、今見ると美白UVが出ていて、ちょっと気になる・・・。


年齢によってや季節によって肌質が変わるので、いろいろ試してみるのも良いことだと思います。(これを使ってみたい言い訳)

以上!

日焼け止めレポでございました。美肌のために参考にしてもらえたら嬉しいでつ^^ ではおやすみなさい!ちかれたー!

★ちふれHP・・・http://www.chifure.co.jp
★ハイムHP・・・http://www.heim-cosmetic.com

日々のケア

ブクマでも聞かれたので追記。私が今使ってる美白化粧水は「ちふれ 美白化粧水 W 180ml」です(たまに無印良品の美白化粧水とかにも浮気します。たくさん入ってちふれよりコスパ最高です。)。

 [ちふれ CHIFURE] 美白化粧水 W 180ml

 [ちふれ CHIFURE] 美白化粧水 W 180ml
価格:1,188円(税込、送料別)

但し、これだけだと保湿が足りません。なので、この化粧水でパックしたあとに、いつものエバメールをつけてます。パックは週2回ぐらい。夏は毎日。冷蔵庫で冷やしておくと超きもちEEEE!!



(↓2014年6月追記)
数年前からエバメールが非常に買いにくくなってしまいました。値段も安いお店がなくなったり。で、私は今エバメール離れしています。でもオールインワンジェルは大好きなので良いものを探していたところ・・・・ここでも「ちふれ」登場ww オールインワンゲルもいろいろ試した結果、費用対効果はやっぱりちふれが良かったのです。

  • うるおい ジェル ちふれ

これと、さらにうるおうらしい黄色いパッケージのやつの2種類があるはずです。両方使いましたが、そんなに差は感じませんでした。値段も100円違いとかだったような。黄色いパッケージは今調べたら、イオンとちふれのコラボ商品だったみたいです。
f:id:asami81:20150630150957p:plain

高い方でも、詰め替えだと800円。1ヶ月くらいもちます。安っ・・・!

乾燥肌な方の私ですが、冬でもこれだけで大丈夫でしたー。ちょっと乾燥を感じる日はこの上にバイオイルとか塗ったりして過ごします。

1番どうでもいい話

しつこいですが追記でーす!(こちらは2008年、この記事公開後すぐの追記です。追記ばかりでややこしくてすみません)

これは「紫外線吸収剤VSノンケミカル」というお話になってしまいますが、こうゆうお話は宗教戦争のようで終わりは(たぶん)ないと思います。私自身、自分が知っていることが本やネットからの情報ですのでこれが本当に正しいのか分かりませんし、肌につけるものはノンケミカルであろうとアレルギーを起こす人もいるから。

ただ私が言いたいのは「1つの情報、1人の人の言葉、企業の言葉、CM文句だけで肌につける大事なものを判断してほしくない」ということなのです。肌に何かをつける、というだけで自然に生きることに逆行するわけですから。

化粧品の成分の話になると「最近は技術が進歩して○○も安全らしいよ」「そんなの気にしてたら何も選べないじゃん」という言葉を見たりします。私はそのときに思うのですが「何がどう安全なの?何がどう技術が進歩したの?その○○を何十年もつけたけど全く反応がなかった人が何人いるの?」「CM見てる時間があったらちょっと本読めば分かることだよ。自分の肌を大事にするのは値段とか企業のCMにおどらされることじゃないよ」というウザイ反応をしてしまうのです。

「最近の技術はいいから」は「大豆の遺伝子組替」と同じな気がします。頭のいい科学者たちが研究した結果生まれたけど、実証できるほどの歴史がないから恐ろしい。でもこの遺伝子組み替え大豆の件は今後ますます広がる食料問題を解決する技術かもしれない、という部分で一緒ではない。「生きる」を求めるなら「何も食べるものがない」よりも「遺伝子組み替えの大豆を食べる」を選択すると思うから。
でも、化粧品は違います。今はまだたくさんの選択肢が残されている。しかも同じような値段(むしろ成分にこだわっている企業は適正価格で販売しているので安いことが多い)で売っています。無農薬野菜と農薬使用野菜が同じ値段で隣に並んでいれば、あなたはどっちを選びますか?(追記:野菜についての知識が低すぎた!はずかしい!・・・ってことで野菜についてはコメント欄参照ください!

紫外線吸収剤に関しては、たしかに2001年の薬事法改正で表示義務がなくなったのを見ても「安全になったんじゃん?」と思いがちですが、それ以前は「表示指定成分」に含まれていて表示が義務づけられていました*4表示が義務づけられる=「ごくまれにアレルギー等の皮膚障害を起こすおそれのある成分」ということです。ごくまれなら私はいいわ、という人は使い続ければいいし、めったに目に見えるほどの障害がすぐに肌に表れることはないと思います*5

でも万が一、歳をとって肌が黒っぽくなってもそれは自分の責任だということです。

化粧品などの成分は素人では理解できないものが多くあります。日本の化粧品業界は今だ表示義務など緩い部分があります。それでも今まで悪影響を及ぼす可能性がある、と言われてきたものを安易に「大丈夫だよ」と言って欲しくないなぁと個人的には思います。*6

せめて技術がどう進歩して、どのように良くなって、それがどのくらい立証できるのかを説明できる人にだけ「それは大丈夫だよ」と言って欲しいんですよね。「私のお母さんは大丈夫だよ」とかそうゆうんじゃなくて。人によって影響が出る人と出ない人がいます。もともと肌の強い人もいます。ただ間違った化粧品選びで取り返しのつかない肌になってしまった人もたくさんいます。今回は紫外線吸収剤の話でしたが、知って選ぶのと知らないで選ぶのは違うと思いますので、少しでも多くの人の目にとまりますように。

http://www.fine-club.com/beauty/skincare/40.html

紫外線吸収剤のなかには、フェノール系化合物、フェノールに類似するベンゼン系化合物があり、これらはタール色素や酸化防止剤などと同様に発ガン性などの毒性があります。そのため紫外線吸収剤は毒性の強さに応じて一品目への添加量が制限されています。

それなら安心と思いがちですが、紫外線吸収剤を含む乳液や化粧下地、ファンデーションなどUVケア商品を3つも4つも使用すれば制限量を超え、皮膚細胞を傷つけてしまい、シミやシワになる可能性は大きくなります。

http://allabout.co.jp/glossary/g_cosme/w005603.htm

紫外線吸収剤は有害な紫外線を拡散し、防御してくれるが、肌を痛めてしまうも多く、炎症を起こしていても気づかず使用している場合がよくある。特に酸化による肌への影響が大きく、長時間の使用、連続使用、毎日使用は肌(角質)の持つ基礎体力を損なっていく


時と場合によっては紫外線吸収剤の入った日焼け止めも活躍してくれるでしょう*7。紫外線吸収剤は毒!!というんじゃなくて、良いものを適正価格で販売している企業もたくさんありますから、それを知ってほしいというのが一番の願いです。こうゆうお店は「おばさん臭い」とか言われて若い女性に敬遠されがちですが、パッケージのかわいさやCMだけに踊らされるのはおばさん臭いよりもカッコワルイことですよ!

*1:その他出てきておもしろかったものw・・・■ 日焼け止め最強化計画 122 users(推定)■ そろそろ日焼け止めが本気を出すようです 5 users(推定)■ あまり日焼け止めを怒らせないほうがいい 4 users(推定)■ 日焼け止めを舐めた人間の末路 31 users(推定)■ イーモバイルでどこでも日焼け止め 24 users(推定)

*2:男性に限らず人って素肌がきれいな人に惹かれるんだと思います

*3:試せるお店はだいたい百貨店にあるけど地味なフロアにあるのでママンと一緒に行ってね!

*4:「紫外線散乱剤」は「旧表示指定成分」に含まれるものではありません

*5:実際わたしも10代のときは何も気にせず使っていました

*6:もちろん私の話も安易に鵜呑みにせず、自分で納得できるように調べてもらったほうがいい

*7:ノンケミカルだとどうしても焼けてしまうという人もいる