iGirl

主な登場人物:ルイ(5歳,男)・サキ(3歳,女)・ユリ(1歳,女)・夫(33歳,男)

Twitter の何がおもしろいって?

スポンサーリンク

ものすごく的ハズレなことを書くかもしれないけど、Twitter に関して率直に今感じていることを書こうと思う。書こうと思った理由は下記のブログさんたちを読んだから。少なからず私と同じことを感じている人がいるんだという安心感からである。(ただ、紹介しているブログを書いている方が Twitter に否定的、という意味ではありませぬ。とくに Twitter@fuuri さんのブログは Twitter のおもしろみをたくさん書かれておりますので。参考にさせていただきます。)

Twitterはキャズムを越えられない、とか平凡すぎるタイトルを思いついたことに自己嫌悪記念 - Heartlogic

私なんて web・technology の世界を足の小指の大きさも分かっていないけど、システムがどうとか web2.0 がどうとかそんな難しいことよりもフツーの女子ユーザーとして感じたこと。使用してまだ3日も経っていないと思うけど、初期の初期のこの今という時期に感じていることを書いてみようと思う。(そして数ヶ月後に「あはは!そんなこと思ってたのかおまえ。」みたいに自分で笑うことができれば最高だと思っている)

まずはじめに彼(=twitter)を知って、ちょっと触って感じたのは「何が楽しいの?」ということである。自分の今やっていることをみんなに報告して、「ごはん食べます」とか「寝ます」とか、本当に何気ないことを配信して、コメントやコメント返しとかゆう特に誰かとやり取りもないまま(ある場合ももちろんあるが)ひたすらに自分のプライベート状況を発信する。・・・一体何がおもしろいんだろう、というのが率直な意見だ。だから使ってみてからひたすらに思うのは「Twitter の楽しみ方が分かりません」と。ただ、人とあまり接することがない& PC を常に使う仕事をしている人たちからしたら何かしら社交性を保てるツールなのだろうとは思っている。

もっと厳密に言うと、彼のことを知ったとき、人から説明されたときはちょっとおもしろそうだと感じた。それはたぶん彼を教えてくれた人が Twitter の楽しみ方や魅力を充分に知っていたからだと思う。その人は彼のことをとても気に入っていたし、そして私にも使ってみるよう勧めてくれたのである。私が「ちょっとおもしろそう」と感じた理由は「知り合いが今何をしているかをリアルタイムで知ることができる」という点だ。friends の欄が全て知り合いで、尚且その数が多く、尚且みんな頻繁に UP してくれるという状況を想像し「おもしろいな」と感じた。

しかし今だ friends 欄が知り合い3名(+はてなの近藤さん)だけという私には、まだまだその楽しみ方を見出せていない。でも、知らない人を add するキモチにもなれないでいた。ちょっとの数ではあるが Twitter に関する記事やブログをみると、彼の魅力と考えられるのは「一方的に add できる」という部分ではないかと考え始めた。そうするとやはり「何が楽しいの・・・?」というキモチが半数以上を占めるわけである。Twitter を教えてくれたその人は friends の欄がほとんど知らない人ばかりで、「知らない人の見ておもしろい?」と聞くと「おもしろい!」と返ってくる。ハッキリ言って意味がわからない。もちろんおもしろい発言や独り事を教えてくれる場合はおもしろいと私も感じるであろう。私としてはボケ心旺盛な人とは friends になりたいと思う。しかしそんな人は多くない(たぶん)。みんなそんな暇じゃない。だからやっぱり「知らない人のん見て何が楽しいか分からない」ということだ。・・・もっともっと厳密に言うと「使い始めは楽しいかもしれないけど、ずっとずっと楽しいものかな?」というのが本音。Twitter 自体、新しくておもしろそうなツールに目がないいわゆるギークな人たち以外、つまりはキャズムを全く越えられていない人たち(私とか?)におもしろさを提供できるかどうかは今のところ謎。(今やっと「Twitterキャズムを越えられない」というタイトルをつけた方の気持ちが分かりましたw 平凡すぎるらしい一文にすらピンとこずですみません・・・)

上で紹介したブログにもあるが、Twitter に対し私は「そうゆうのダメなタイプ」かどうかについては、そうでもない、と思っている。つまりは「Twitter 大丈夫なタイプ」であると。基本的に楽観的なので今は気づいていない危険性というかキモチワルサがあるのかもしれないけど。「あなた、いろいろ公開しすぎ」と私の mixi 日記を読むギークさんに思われていたように、自分が知らない人に対しても自分のプライベートを公開することにおそらく普通の人より抵抗が少ないように思う。(日記は全体公開・今後は変えるかもw)だからというか何というか、Twitter にキモチワルサとかは持っていない。ただ、「何をどう楽しんだら良いのか分からない」という状態なのだ。

そう。今あなたはこう思っているだろう。「ならば試せ!試してないのにゴタゴタ言うな!」・・・・・・・・・同感です。チカさんも言ってたもの、「ベンツに乗らずしてベンツの悪口を言うな」と。だからはてなの「ついったー部」に入部しときました。こんなアンポンタンで良ければ add ください。自分からも知らない人たちに積極的に add してゆこうと思ふ。きもちわるがられない程度に・・・。

始めのほうにも書いたけど、その「知らない人たちイパーイ」作戦を試みた後、つまり数ヵ月後に「Twitter の楽しみ方!おもしろいよーん!」なんていう記事を書けたらいいな、なんて思うのですよ。今日のこの記事は「初期はこう思ってましたけどね」みたいな。正直今も「こうゆうふうに使ったらおもしろいかも」的なものはあるけど、あえて今日は書かないでおこうと。

「ブログって何だよ。キモイよ。」と今だ思っている私の友達に「ブログのメリット」を書いたように、Twitter に対しても何か生み出せるといいな。「Twitter おもんないよ。何これ。」と思っている人たちへ向けて・・・。「やっぱり Twitter、何がおもしろい?」という記事にならないことを祈るw

My Twitter: http://twitter.com/asami81



photo: 豚肉で作った大きなお花をいただいた。

広告を非表示にする