iGirl

主な登場人物:ルイ(5歳,男)・サキ(3歳,女)・ユリ(1歳,女)・夫(33歳,男)

まずは4時間半睡眠を目指せ。

スポンサーリンク

ふと思いついてのエントリー。自分の1日を長くするための短眠方法あれこれ。

「寝ることが幸せ」- そう言う人も少なくないはず。そうゆう私も寝るのが趣味です、とまではいかないにしても、寝るの大好き。毎朝「今日はこのままずっと寝ていたい」という欲求と戦っています。
とは言え、やりたいことや仕事、読みたい本の量を増やすにはどうしても睡眠時間を削りたい。削ることができればどんだけ良いか・・・と考える。同様の意見の人も多いはず。そんな自分のために今日は生活リズムを考えてみます。

いかに質の高い睡眠をとるか - 短眠生活をする上でこれが最も重要になってきます。私がノウハウをまとめなくても世間では睡眠についての本なども溢れており、専門知識なども踏まえあらゆる情報を手にいれることができます。また、そのノウハウをブログ等にまとめてくださっている方が多々おられます。それらの紹介と、まず自分ができる「短眠生活のために変えること」をエントリーします。引用部分内の太字はわたしが注目し、すぐに実践できそうな要素を含む事柄です。具体的な実践案は後述。

睡眠時間を短くする14のコツ<前編> - FPN

1.浮かした時間で何をしたいかを明確にすること
2.体調のよいときにはじめること
3.2週間のオリエンテーション期間を設けること
4.睡眠スケジュールにこれだけは必要な条件
5.睡眠時間は徐々に少しずつ減らすこと
6.無理せずあせらず着実に
7.自分の「短眠時間」の目安と限界を知る

睡眠のメカニズムを解明!

■レム睡眠・・・入眠後1時間30分ほどのノンレム睡眠の後に初めて現れ、その後ほぼ1時間30分間隔で一晩に4〜5回繰り返す
■ノンレム睡眠・・・心身ともに深い眠りに入っている状態



3時間睡眠を実現する方法 - Source Code and My Life

  • 起きる時間を決めて必ず守る
  • 目覚めたら覚醒のために深呼吸をする
  • 毎日早足で一駅歩く
  • 少食を心がける
  • ベジタリアンになる
  • 食後はあまり水分を取らない
  • 寝る前にコーラを飲まない
  • 寝る前に激しい運動をしない
  • 寝る直前に熱いシャワーを浴びない
  • 就寝2時間前には何も食べない
  • 就寝時に質の高い睡眠と起床時間をイメージする
  • たくさん寝ないといけないという思いこみを断ち切る

よく眠るために覚えておきたい17のTips - POP * POP

9. 寝る2〜3時間前に仕事はしないようにしましょう。

いきなり全てを取り入れて実践するのはムズカシイ。ましてやいきなり3時間睡眠人になるのは無理(少なくとも私は)。
と、いうわけでまずは上記太字部分を意識してみましょう。

いま基本的に 1:30am ごろ眠りに入り、7:30am ごろ目覚めています。よって睡眠は6時間。もちろん日によって30分〜1時間の差はあるにしても2時までには眠りに入っている。(・・・寝すぎやな。)
睡眠時間は徐々に少しずつ減らすことレム睡眠が1時間30分間隔である ことに着目すると、6h-1.5h=4.5h 4時間半の睡眠をまず目指そう。というカンタンな結論。

次に、起きる時間を決めて必ず守る というわけですが、早寝早起き を目指し、1:30am に寝て、6:00am に起きれるか、というと、たぶん無理。「あとちょっと・・・」の病が必ずやってきます。こんなことできたら、ずっと前からやってます。何度試みたことか・・・。とにかく人間とはグウタラなもんなので、ほとんどの人は「やばい!今起きなきゃ遅刻する!」ぐらいの勢いがないとお布団とサヨナラなんてできないと思うんです。私は今のところ絶対にそっち派です。ですから、「起きる時間」は今までと一緒の 7:30am にして、寝る時間を延ばす方に力を注ぐこととします。

次に。寝る2〜3時間前に仕事はしないようにしましょう、はい、素直に従います。眠る2〜3時間前などはリラックスタイムに入ることにします。とは言っても2〜3時間ボーっと何もしないでリラックスするくらいなら寝たほうがマシなので、脳をリラックスさせるという意味として脳を使わなくてもできることをこの時間帯にしようと思います。例えばお風呂・スキンケア・ストレッチ・家事・掃除・・・。なんで夜中に掃除やねん、と思いますが、洗い物や洗濯物をゴールデンタイム(帰宅後〜0時まで)にやってしまうと、自分のワークタイムが取れないですから。仕方ありません。とにかく今は、寝る前にエウレカセブンを観ているのでそれを止めなければw でもゴロゴロしながらおもしろいものを観て、いつでも寝て OK な状態って、最高にステキな時間。

そのステキな時間を週末だけにして(こうやってご褒美日を作るのは女の子の悪いクセ)、平日はがんばってみようと思います。習慣化するまではキツイだろうけど・・・。そうそう、私には たくさん寝ないといけないという思いこみを断ち切る というミッションが一番むずかしいなぁ。何よりお肌荒れたらイヤだなーって思っちゃう。

ともかく、睡眠をただ単に短くして、体を壊してしまっては本末転倒。病気になったら夢や仕事や言ってられませんからね。いかに効率よく眠るか、いかに質の高い睡眠をとるか。自分にあったものを見つけたいと思います。

もう4月も中旬を越えました。すっかり春です。朝もずいぶん暖かくなってきましたね。お布団から出る勇気も真冬よりは随分と持てるようになる良い機会に、是非とも短眠生活を確立しましょう!


photo: ハートのカワイイバックに入ったおいしいワインをいただきました☆